2016年3月11日 (金)

点と線

ひと口に震災から5年といっても、あの時と今とは点と点ではなくってずっと繋がった一本の線なんだよね。悲しみも苦しみも喜びも、全部線で繋がってる。

300_4752

| | コメント (0)

2016年1月 1日 (金)

謹賀新年

皆様、明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。

2016

| | コメント (0)

2015年5月29日 (金)

もうすぐキリ番を迎えます

ブログに設置されてるアクセスカウンターが多分今週末頃に100万アクセスのキリ番を迎えます。珍鳥情報とか撮影地情報とか閲覧者にとって実益のある情報は一切出てこないブログなので、100万までに丸9年かかっており、200万まで続けれる自信は全くありませんので、100万はひとつの大きな区切りになりそうです。別に何の記念品の贈呈もできませんが、偶然キリ番に遭遇したという方はコメント欄ででもお声がけいただければ幸いです。因みに、アップした写真は季節ものということで、記事本文の内容とは全く関係ありません。

D71_1034nr

| | コメント (2)

2015年4月 1日 (水)

堀田明さん、ありがとう。安らかに。

3月26日、大先輩であり親しくお付き合いいただいていた自然写真家のbirdさんこと、堀田明さんが亡くなられました。突然の訃報は翌27日のお昼過ぎに届きました。亡くなられる直前までFacebookやメールを介して交流させていただいていただけに、悲しい知らせを聞いたときは愕然としました。新緑の季節になったらまたどこかのフィールドでご一緒できると信じていたのに、本当に残念でなりません。
堀田さんには直接、間接にたくさんのことを勉強させていただきました。長年にわたり、日本の野鳥写真界を牽引されてこられた方ですから、僕とお付き合いいただいた期間など堀田さんの生涯の活動期間の中ではごく僅かな期間に過ぎません。それでも、北海道の凍てつく寒さの中で一緒に赤い鳥を撮影した時のこと、山でのバーベキュー中に突然の雨に降られて皆であわてて軒下に避難した時のことなど、ふり返ると様々な思い出がよみがえってきます。僕の自宅近くのフィールドまで遠路はるばる足を運んでいただいたことも何度かありました。
堀田さん、本当にありがとうございました。きっと今頃は堀田さんの大好きだった青い鳥たちに取り囲まれてにこにこしておられるんじゃないでしょうか。どうぞ安らかにお眠りください。


写真は2013年8月12日に堀田さんと一緒に撮影したハリオアマツバメ。フィールドでご一緒したのは結局この時が最後となってしまいました。

D71_7918


| | コメント (2)

2014年1月 1日 (水)

謹賀新年

皆様、明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。
今年の正月は少し暖かい穏やかな正月になりそうですね。

2014nenga

| | コメント (6)

2012年7月26日 (木)

快勝でしたね♪

いよいよオリンピックですね。開会式に先立って行われた昨夜のサッカー。なでしこジャパンは大事な初戦を見事に快勝しましたね。後半の失点は一瞬の隙を突かれた感がありましたが、前半の先制点は見事なコンビネーションでした。女子サッカーは男子よりもスピードがない分、コンビネーションが決め手となるので、得点するときはかえって見ごたえがあり、見ていて楽しいです。

大阪では天神祭りも終わり、ビル街はコンクリートの照り返しもあってほんとに暑いです。夜は寝苦しいのに加えて、これからは深夜のオリンピック観戦で寝不足に更に拍車が。お互いに体調崩さないように暑い夏を乗り切りたいですね。

2012syocyuu

| | コメント (2)

2012年7月25日 (水)

お知らせの続き・・・

メインサイトにとりあえずFC2の掲示板を新たに設置しましたぁ。新しい自前サーバーの設置は仕様等じっくり考えたいんで,とりあえず掲示板はしばらく外部スクリプトを利用します。メインページトップのBBSのリンクボタンから入れますのでヨロシク。
更新したついでにリンク切れの修正や新たなリンクの追加等もしておきました。

| | コメント (2)

2012年7月24日 (火)

お知らせ

お知らせです。本日、メインサイトの掲示板スクリプトを置いている自宅サーバーが昇天されました。節電の叫ばれる中、24時間365日稼動のサーバーを自宅に立てているのは時代に逆行しているのかもしれませんね。

さて、どうしたものか。以前、同じようにサーバーが死んだときは、全く同一構成の予備サーバーがあったので、短期間に復旧できましたが、非常に古いものなので、もはや同じ手は通用しません。
新規にサーバーを立ち上げるにしても、仕様とかセキュリティとかをじっくり考えたいので、今回はやっつけ仕事での復旧にはならないと思います。
場合によっては、掲示板のみ外部スクリプトを利用するかもしれません。その場合は新たな掲示板となり、URLも変わります。しばらく検討しますが、どうするかはまたこちらでお知らせしようと思いますので気長にお待ちいただければ幸いです。

| | コメント (0)

2012年1月 1日 (日)

新年を迎え

年が明けました。昨年は震災で多くの尊い命が失われました。今年は是非穏やかなる年であってほしいと思います。多くの人に幸あれ。

Newyear2012

ハイイロチュウヒ   2011年大晦日撮影

| | コメント (6)

2011年4月11日 (月)

丸ひと月経過

震災発生から丸ひと月が経過しました。先ほども強い余震があったようでまだまだ予断を許さない状況が続いています。今日は最近感じていることを脈絡もなくいくつか書いてみたいと思います。

自粛ムード

震災発生直後は自粛ムード一辺倒でした。私は以前にも書いたように地震で被災しなかった私たちが元気を出すことは私たちの責務だと思っています。最近になって何もかも自粛はかえってよくないとの風潮が世間に広まりだしました。私はすごくあまのじゃくな性格なので、自粛ムードはよくないと世間が言い出すと、その裏のことを考えてしまいます。震災の被害に遭われた方たちが不安に思っていること。それは時間の経過とともに世間が平常にもどり、自分たちのことが次第に忘れ去られることです。義捐募金なども現在でも盛んに呼びかけが行われていますが、受付が4月末までだったりと期間が区切られています。決して自粛ムードである必要はありませんが、被災者の復興への道のりはずっとずっと続くことはいつも頭に置いておく必要があります。

仮設住宅

資材不足で仮設住宅の建設に支障をきたしていると聞きます。他府県に移り住むのではなく、地元に建設される仮設に入りたいというのは被災者誰もが強く望んでいることだと思います。ただ、健康被害だけは本当に深刻です。避難所の過酷な生活で健康を害して亡くなる人も多いと聞きます。医療体制が不十分な避難所にいる方は仮設が完成するのをまつか、一時的でも遠隔地に移るかの選択を慎重に考えてほしいと思います。

市民運動

週末に原発反対の市民運動のデモが行われていました。私は徒党を組んだ市民運動というやつがもともと好きではありません。クールに覚めた目で深く原発問題を考えて欲しいと思っています。深く考えるというのは原発問題周辺を取り巻くさまざまな諸事情をその裏側まで一つ一つ全部考えるということです。結論はおのずと出てきます。その結論に大きな決断と覚悟が必要なことも。熱い市民運動ではなく、ごく冷静にクールに原発は要らないと言い切れる人が一人でも増えることを願います。

選挙と民主主義

昨日統一地方選挙の前半戦がありました。被災地の福島県ではやはり原発をどうするかが争点となり、原発推進派の候補者が原発の更なる安全性確保を訴えて勝利したようです。民主主義の本質は多数決支配です。数の多いのが正義とされるのです。しかし、数の多いのが常に正しいとは限りません。日常私が関係する司法の世界でも民主主義の原理を取り入れようと裁判員制度が始まりましたが、元来司法と民主主義とは本質的には相容れないものだと私は思っています。たとえ99人がイエスと言ってもノーとすべきことはノーとすることが司法作用には求められるのです。原発問題も民主主義の原理で判断すべきことではないように感じます。

低レベル汚染水

高濃度の放射能汚染水の保管場所確保のために低レベル汚染水を海に流出させたことが大きく問題視されていました。政府も東電の行為を表面的には批判していました。ただ、この件はとてもピントがずれていたように思います。低レベルの放射能汚染水の海への放流に東電はほとんど抵抗を感じていなかったのでしょう。なぜなら、彼らはこれまでも日常的に放射能汚染水を海に流出していたのですから。政府の批判も本当に問題視してのことというよりも、今のタイミングではまずいのでは程度のことだったように思います。ニュースの表面的なことに惑わされてはいけないです。知らないところで日常行われていることにもっとチェックの目を向けなければ。

ブログ

先日の4月4日でブログオープンから満5年が経ちました。もともとはメインサイトの中の日記ページだったものをブログ形式に昇格させてから早5年。メインサイト自体はオープンからすでに13年ほどになりますが。自然写真を中心としたブログですので、これまで自分自身の意見表明的な記事などはほとんどといってよいほど載せてはきませんでした。ただ、やはりブログは情報発信の身近なツールというところにその存在意義がありますので、ただ綺麗な写真を載せるだけでは意味がないともいえます。多少重苦しい雰囲気になることもあるかも知れませんが、それも含めて当ブログですし、情報発信している私自身が変わったわけでもなんでもありませんので、ご覧いただく方も今までどおりの気持ちで見ていただけたらと思います。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧