2019年5月21日 (火)

ミソサザイ


ミソサザイの囀りのシャワーを浴びたくなって、天然の森へと出かけてきました。期待どうりにミソッチは元気いっぱいに囀る姿を披露してくれましたが、今年は新緑の横枝で囀るシーンがほとんど撮影できなかったのが少し残念でした。

 

D72_4522s

 

 

D72_4841

 


ついつい囀りシーンばかりシャッターを押してしまいますが、囀っていない時の表情にもとても可愛い瞬間がありますね。

D72_4391

 

 

D72_5633

 


ごく近くで。

D72_4635

 

 

D72_5520

 

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

ノジコ


撮影から随分と時間が経過していますが、5月の大型連休中に撮影したノジコです。たくさんの個体がよい声で囀っていました。

 

D72_3400

 

 

D72_2853

 


正面顔をアップで。

D72_3188

 

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

キバシリ


連休中、コマドリの森にたくさんいたキバシリ。目の前の木の低いところに何度も降りてきてくれました。木の幹をするすると移動する鳥といえば、キバシリと並んでゴジュウカラがすぐに思い浮かびますが、頭を下にして上から下に向かっても自在に移動できるのはやっぱりゴジュウカラだけの専売特許のようですね。

 

キバシリの写真としてはありきたりな構図なので、できるだけ背景が緑に抜ける瞬間を選んで撮りました。

D72_0474

 

 

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

新緑にキビタキ


なんだかんだ言っても、キビタキとオオルリは日本に渡り来る夏鳥の中でも2大スターだと思います。その2大スターのうちのひとつ、キビタキ君を新緑と一緒に。連休明けの初めての週末、お日様が元気すぎて、何を撮ってもテカテカ写真にしかならないなかで、比較的すっきりと撮れた一枚です。同じ場所にはサンショウクイもたくさん飛び回っていました。

 

D72_4258

 

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

ノビタキ


ゴールデンウィークに撮影したノビタキの続編。八ヶ岳背景とは違う写真を数カット。今の時期の高原はまだ咲いている花も皆無に近いですが、次回出向くときは高原らしい花もいくつか咲き始めているでしょうね。

 


少し若くて好奇心旺盛なノビタキ君。撮影しているとすごく近くまでやってきてくれます。

D72_1434

 


上と同じ個体。昨夏生まれの男の子でしょう。黒い羽の先端部の茶色い羽はまだ完全に擦り切れずにたくさん残っています。

D72_1388

 


針葉樹の林を背景にススキの上を飛翔。

D72_1750

 



北アルプスを背景に。この場所で北アルプスを背景にして撮るのは実はとても難しいです。後ろのモミの木の先端にとまってくれれば簡単なのですが、ほとんどとまることはありません。

D72_1444

 

 

| | コメント (2)

2019年5月13日 (月)

八ヶ岳連峰とノビタキ・飛翔編


八ヶ岳を背景に飛翔するノビタキをいろいろアップします。ゴールデンウィーク頃にここで見られるノビタキの飛翔のほとんどは囀りながらのディスプレイフライトです。もちろん虫を獲るために飛翔していることもありますが、ほとんどは綺麗な声で囀りながらひらひらと舞っています。ノビタキは目の前の枯れたススキの原っぱの上を飛翔しますが、少し高度が上がると、遠目にはまるで八ヶ岳連峰の山々の稜線を超えて飛んでいるようにも見えて、超気持ちいいのです。

 

D72_0811s

 

 

D72_0737s

 

 

D72_0746s

 

 

D72_1768s

 

 

D72_0951

 


飛びつき~。

D72_0960s


ノビタキ、まだ続くかも・・・。

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

八ヶ岳連峰とノビタキ


ゴールデンウィーク恒例の八ヶ岳連峰バックのノビタキ。今年も撮ってきました。昨シーズンはススキの先端にはほとんどとまってくれませんでしたが、今年はなんとか撮影することができました。青空、雪山、ススキの全てを一つの画面に取り込むために野鳥撮影用としてはやや焦点距離の短い300mmで撮影しているため、ノビタキが小さく写っていますが、これで十分なのです。
2日目は10年ぶりぐらいでお会いしたお友達お二人と一緒にこの場所でレンズを並べて撮影。本当に楽しい時間をすごすことができました。


赤岳(左)と阿弥陀岳(右)。赤岳は言わずと知れた八ヶ岳連峰最高峰です。

D72_0965s

 

 

D72_1039s

 

 

D72_0916s

 

 

D72_0870s

 


権現岳。背景にするといい感じになる好きな山ですが、ススキどまりではうまく撮れなかったのでノビタキが繰り返しやってくる木にとまったときに権現岳バックで撮らせてもらいました。

D72_1893

 


豆粒ノビタキ~♪

D72_0973s


とまりものばかりまとめてアップしましたが、次回更新時に飛翔撮影分をアップします。

 

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

コマドリ


大型連休後半、元号が令和に変わって初の撮影へと、ちょこっとお出かけしてきました。令和最初の撮影は大好きなノビタキのいる高原へと向かうつもりでいましたが、前日に降った雨の影響で高原の朝は濃い霧が予想されたため、午前中はコマドリポイントに立ち寄ることにしました。昨年新たに開拓したコマドリポイントでは、今年も無事にコマドリを見つけることができました。新緑の葉の展開は昨シーズンよりもほんの少しだけ遅いようでした。撮影場所は亜高山帯に達していないところで、コマドリの生息場所としてはやや標高が低いですが、一時通過場所ではなく確実に繁殖活動を行っている様子でした。

 

D72_9699s

 

 

D72_9872b

 

この木には昨シーズンもコマドリがとまって囀っていましたが、昨シーズンは4月末時点で葉っぱが完全に開ききっていました。

D72_9746b

 

 

D72_9935


次回更新時にはコマドリのあとに出向いた高原のノビタキをアップする予定です。

 

| | コメント (4)

2019年5月 1日 (水)

麦畑のセッカ


平成最後に撮影した麦畑のセッカ。令和最初のBlog更新でアップさせていただきます。小麦の麦穂はまだ青々としており、穂先も少し硬い印象がありますが、曇り空の撮影向きの光の中、セッカたちは機嫌よく穂先に頭出ししてくれました。
野鳥の撮影をしていると、北海道や信州に住んでいる人を羨ましく思うことが時々ありますが、セッカの撮影をしている時は、セッカがたくさん生息している地域に住んでいて本当によかったと思います。

 

D72_8010

 

 

D72_7861

 

 

D72_8227

 

 

D72_7785

 

 

D72_8295

 

 

D72_8482

 

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

センダイムシクイの囀り


夏鳥の囀りシーンを求めて近くの山へ。駐車スペース脇のまだ花が散りきっていないソメイヨシノの木でセンダイムシクイが囀っていました。花は既にボロボロになっていましたが、思った以上に下枝で囀ってくれました。

 

D72_6163_1

 

 

D72_6526

 

 

D72_6456

 

 

D72_6062b

 

桜の木での撮影のあと、毎年撮影するカエデがたくさんある場所に行ってみましたが、昨年夏の台風のせいか、木がだいぶ倒れていて直射光が入り込みやすくなっており、ギラギラの光で全く写真になりませんでした。

 

D72_6656

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧