2022年9月29日 (木)

ガマの穂にノビタキ

 

秋を感じさせるアースカラーなガマの穂。今年の秋も、ガマの穂にとまるノビタキを撮影することができました。今回の撮影場所は、昨年秋に新たに見つけておいた場所。ノビタキは10羽ほどいたが、周囲の田んぼにはまだ稲刈りが終わっていない場所もあって、ガマの穂へのノビタキの寄り付きは最盛期程ではなかった。ここは稲刈りが終わるころにはノビタキの数が数十羽に増え、ガマの穂にもっととまりやすくなるので、また時期を見て訪れてみたいと思ってます。

 

 

Nz9_7124

 

 

 

Nz9_7175

 

 

 

Nz9_7462

 

 

 

Nz9_7453

 

 

 

Nz9_7128

 

 

 

Nz9_7086

 

 

 

Nz9_7053

 

 

 

Nz9_7417

 

 

| | コメント (0)

2022年9月28日 (水)

赤蕎麦の花とノビタキ

 

昨年に引き続き、赤蕎麦の花を見に行きました。今回は赤蕎麦ではなく別の目的でノビタキを探しに行ったのですが、当てが外れたために、予定外だった赤蕎麦畑まで少し足をのばしました。
日の出時刻よりも少し前にフィールドに入りノビタキを探しましたが、ノビタキは全く見かけません。次第に太陽の高度が上がり、赤蕎麦畑に直射光がさす状態となってしまったので、ノビタキはもう出ないだろうと諦めてアサギマダラを撮るべく赤蕎麦の上をひらひらと飛ぶアサギマダラを目で追っていると、アサギマダラとは少し様子の違うのがひらひらと飛びました。よく見るとノビタキ。アサギマダラのおかげで諦めかけていたノビタキを発見できました。時刻は既に8時をまわっていて太陽ギラギラでシャキッとした写真は望めない状況でしたが、何とかノビタキが出てきてくれてよかったです。次回はどこか別の赤蕎麦畑で柔らかい光の下で撮りたいですね。

 

 

Nz9_8714ps

 

 

 

Nz9_8168ps

 

 

 

Nz9_8482

 

 

 

Nz9_8284

 

 

 

Nz9_8351

 

 

 

赤蕎麦畑の周辺の田園地帯では綺麗な白い蕎麦の花も咲いていました。

Nz9_9233

 

 

 

Nz9_8954

 

 

 

 

| | コメント (0)

2022年9月19日 (月)

蕎麦畑のノビタキ

 

繁殖地での繁殖活動を終えたノビタキの秋の移動が始まりました。例年だと、秋の最初の撮影は彼岸花が咲き始める田園地帯へと向かうのですが、今回は台風14号が日本列島を縦断してゆく予報で、台風が通過する前に蕎麦畑のノビタキを撮影しておかないと蕎麦の花が暴風でなぎ倒されてしまう危険があります。というわけで、今年は例年とは違い、秋の最初のノビタキ探しで蕎麦畑へと向かいました。果たしてノビタキが蕎麦畑に到着しているかやや心配でしたが、十数羽のノビタキがいてくれました。警戒心が強く、杭どまり等が多かったため、写真的にはあまり良いものは撮れませんでしたが、ひとまず蕎麦の花にとまるノビタキが撮影できてよかったです。

 

 

Nz9_5784

 

 

 

Nz9_3898

 

 

 

Nz9_5949

 

 

 

Nz9_3979

 

 

 

Nz9_5872

 

 

 

Nz9_3975

 

 

 

Nz9_3820

 

 

 

Nz9_5476

 

 

 

Nz9_6043

 

赤蕎麦の花でも撮りたいですが、赤蕎麦畑は台風の影響をもろに受けそうです。

 

 

| | コメント (0)

2022年9月12日 (月)

お月見


中秋の翌日のお月見。オレンジ色の巨大なお月さんがお城の背後に顔を出しました。
お城までの距離は6キロ弱。

 

Nz9_0830ps

第1撮影ポイントでは、ほんの数分であっという間に月が天守を離れて行ったので、急いで場所を移動。
天守から約1.6キロ付近まで近づき、再び月と天守が重なるのを待ちましたが、雲が盛大に湧いてきておどろおどろしい雰囲気の写真になりました。

Nz9_1126

 

| | コメント (0)

2022年8月13日 (土)

月とツバメの塒入り

満月の1日前。月とツバメの塒入りを撮りに行きました。このところ毎日のように、夕刻になると積乱雲が盛大に発生するので、ツバメの塒入り時刻に月が雲に隠れてしまっている心配がありましたが、今回は何とかぎりぎりセーフでした。


山の稜線から月が半分姿を表したところ。稜線が入ると雰囲気がガラッと変わります。

Nz9_7089

 

 

Nz9_7302

 


DXサイズでゴーヨン+テレコンで撮ったものをさらにトリミング。

Nz9_7877

 

 

 

Nz9_7893

| | コメント (0)

2022年8月 4日 (木)

盛夏の高原のノビタキ


戻り梅雨が明けた盛夏の高原。ヤナギランが例年よりも少し早くに見ごろを迎えているので出向いたが、標高が高い高原とはいえ、晴れているとたまらなく暑かった。この時期の高原は数年ぶりとなるが、ヤナギランの群生地に数年前には見かけなかった黄色いマツヨイグサの花が咲いているのが気になった。この先数年後には在来種の高原の花々を押しのけて大群生してしまうかもしれない。マツヨイグサは背丈が高く、茎もしっかりしているので、マツヨイグサが大群生するとノビタキはマツヨイグサにばかりとまってヤナギランには止まらなくなるんじゃないだろうか。この先がちょっと心配だな。

 

カラマツの枝にとまって囀るノビタキの雄

Nz9_4312

 

 

シシウドの上で

Nz9_5077

 

 

ヤナギランは先端の蕾はまだたくさん残っていたが、開花した部分の花弁は随分と傷んでいた。夕刻に突然の豪雨となることが多いからかもしれない。この日の前日も夕刻からものすごい豪雨となった。

Nz9_4627

 

 

 

Nz9_4694

 

 

 

Nz9_4925

 

 

 

Nz9_5066

 

 

 

 

| | コメント (0)

2022年7月17日 (日)

諸々お見舞い申し上げます


戻り梅雨で豪雨災害が発生したり、晴れたら晴れたで猛暑。コロナも第7波に完全に突入で、今後さらに爆発的に増える見通し。
いろいろありますが、暑中見舞いだけではなく、諸々お見舞い申し上げます。皆さまご自愛を。

写真は昨日のセッカ君ですが、なかなか思ったようには撮らせてもらえませんでした。簡単に撮れたら何年も通わないよね。

 

2022syocyuu

 

 

| | コメント (0)

2022年6月12日 (日)

梢で囀るルリビタキ


モミ属の木の梢で囀るルリビタキ。今回撮影の子は青い個体じゃなく、第1回夏羽の雄個体。ルリビタキの雄は第2回冬羽に換羽するまでは雌とほとんど変わらない羽色をしている。
とまっている木はシラビソにしては球果(雌花)の色が非常に薄いが、緑色じゃなくベースは青系の色なのでやはりシラビソなのか。日本で見られるモミ属の木は、モミ、ウラジロモミ、シラビソ、オオシラビソ、トドマツの5種だが、いくつかの自然交配種もあるようでそう単純ではない。
今回、梢で囀る青い個体にも出会ったが、終始後ろ向きで囀っていて一度も顔をこちらに向けることがなかったので撮影したものの写真は没。

 

Nz9_2496ps

 

 

 

| | コメント (0)

ホシガラス


ホシガラスとの出会いも3年ぶり。亜高山帯まで出かけた時には是非撮りたい鳥の一つだが、今回は早朝に一度だけチャンスがあったのみ。声もあまり聞かなかったので次回に期待。もう一種、久しぶりに撮りたかったウソは声のみで姿を見る機会はなかった。こちらも次回は是非。

 

Nz9_5782ps

 

| | コメント (0)

2022年6月11日 (土)

ビンズイ


ビンズイは亜高山帯でシラビソ等の梢で囀っている姿を一番撮りやすい鳥かもしれない。今回もフィールドに着いて最初に撮らせてくれたのがビンズイ。ありがたい鳥です。

 

 

Nz9_5623

 

 

 

Nz9_5702

 

 

梢からの飛び出し。

Nz9_5711ps

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧