« 河津桜とメジロ | トップページ | オカメザクラ »

2023年3月14日 (火)

満開のオオカンザクラと野鳥たち


先日の土日、2か所のオオカンザクラの様子を見に行きました。水曜の時点で咲き始めとの情報を得ていたので、通常であれば咲き始めから1週間ほどで見頃となるはずですが、あまりにも高温のお天気が続いていたので、2~3日で一気に満開になる可能性もあると思って出向くと案の定。2か所ともすっかり満開を迎えていました。平均的には春分の日頃に満開になりますが、年によって幅があり、早い年には3月10日頃に見ごろを迎えます。今年はそのパターンですね。

野鳥の方は2か所ともメジロの飛来が低調でした。1か所目はそれでも何度かオオカンザクラにメジロがやってきてくれましたが、日曜日に出向いた2か所目は全くメジロは寄り付きませんでした。ヒヨドリが30羽ぐらいいる場所なので仕方がないかもしれませんが、寄り付きのよい年はヒヨドリがいてもお構いなしにメジロがやってくるので今年は外れ年だったかもしれません。

 


まずは、オオカンザクラにメジロ。
やはりオオカンザクラは色が濃すぎず薄すぎずの優しい色合いで、ふんわりした雰囲気が抜群です。

Nz9_0912

 

 

 

Nz9_9733

 

 

 

Nz9_0813

 

 

 

Nz9_9754

 

 


コゲラもオオカンザクラの花の蜜を吸いにやってきていました。嘴の根元が花粉で黄色くなっています。
メジロやヒヨドリではよく見ますが、キツツキ類のコゲラでこんなに嘴が花粉で黄色くなっているのはあまり見かけません。

Nz9_0203

 

 

 

Nz9_0023

 

 

 

Nz9_0293

 

 


こちらはヒヨドリ。オオカンザクラの木が通りに面して30本ほど並んでいます。そこに30羽ほどのヒヨドリ軍団。
各木に1羽ずつというわけにはゆかず、多い木には10羽ぐらいがとまっているため、とても賑やかです。

Nz9_1242

 

 


ここでヒヨドリを撮る際には一番低い枝まで降りてきてぶら下がってくれるのをじっと待ちます。そして何本か向こうの桜の木の花を写し込むことで背景をふんわりとぼかして撮ります。

Nz9_1300

 

 

 

 

 

|

« 河津桜とメジロ | トップページ | オカメザクラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 河津桜とメジロ | トップページ | オカメザクラ »