« セイタカアワダチソウの冬枯れにノビタキ | トップページ | チュウヒ »

2022年12月 5日 (月)

雪山背景のチュウヒ

 

12月に入り、一時的に冬型の気圧配置となって近畿北部でも多くの山で初冠雪が見られた。土曜日に2週間ぶりに出向いた葦原では雪化粧した遠くの山を背景にチュウヒが飛翔する姿が何度も見られた。

夕刻近くになってからはハイイロチュウヒの雌タイプも姿を見せたが、チュウヒとは違って葦原すれすれを低く飛び、あまり高度を上げることはないので遠くの雪山がうまく背景になることは残念ながらなかった。

 

 

Nz9_8618

 

 


雪山背景だと、たとえ鳥までの距離が遠くて豆粒にしか写らなくともそれなりに絵になるので、積極的にシャッターを切ります。

Nz9_8991

 

 

 

Nz9_8543

 

 

 

Nz9_8467

 

 


こちらは白い頭の個体。

Nz9_8735

 

 

 

Nz9_8748

 

 

 

Nz9_8516

 

 


カラスにしつこくモビングされるチュウヒ。

Nz9_9201

 

 

 

|

« セイタカアワダチソウの冬枯れにノビタキ | トップページ | チュウヒ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セイタカアワダチソウの冬枯れにノビタキ | トップページ | チュウヒ »