« ハイイロチュウヒ雌タイプ | トップページ | 薬師寺と月 »

2022年11月 9日 (水)

月食とお城

 

昨日の皆既月食を撮りに、山城のある場所へ。
部分食が始まる時刻が月の出時刻からかなり時間が経過していて月の高度が高くなっているので、月食が始まってから月と天守を一緒に撮るためには天守にかなり近づく必要があります。皆既食の状態になった時刻には月が天守からかなり離れて行ってしまいます。
月食とお城を撮るのには、昨年11月の部分月食の時の方が遥かに条件は良かったですね。この先、2030年頃までで、城と一緒に月食を撮れる条件のよい日はやってこないようです。

 

 

部分食の月が天守に近づいた状態。撮影ポジションをもっと右のもっと前にすればぎりぎり天守と重ねることができたかもしれませんが、撮影者が多すぎて身動きとれませんでした。

Nz9_4945ps

 

 

徐々に月が天守から離れてゆきます。天守にこれ以上近づいても木々に遮られるのでこれ以上は近づけません。

Nz9_5027

 

 

 

ほぼ皆既食の状態になった時には天守からこれだけ離れてしまっています。
単焦点の望遠レンズでは月と天守が一緒に入らないのでレンズをズームに変えました。

Nz9_5135

 

 

月食とお城の撮影を終えたああと、皆既食の状態の月だけをアップで撮りました。
月の左下の方に写っているのが天王星ではないかと思われますが、天王星食の時刻には既に帰路についていたので天王星が月に潜入する直前の状態は撮っていません。

Nz9_5222

 

 

 

|

« ハイイロチュウヒ雌タイプ | トップページ | 薬師寺と月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハイイロチュウヒ雌タイプ | トップページ | 薬師寺と月 »