« セイタカアワダチソウにノビタキ | トップページ | 10月最終週のノビタキ »

2021年10月28日 (木)

ススキやオギとノビタキ


秋のノビタキと言えば、ススキやオギにとまるシーンも欠かせません。ススキやオギとノビタキ、そして昨日アップしたセイタカアワダチソウとノビタキ。この二つは秋のノビタキの撮影では欠かすことのできない代表的な2大シーンであり、これを撮らずして秋ノビタキを語ることはできません。


先ずは近畿ではかなり有名なススキの大群生地で撮影したススキとノビタキ。
逆光でススキの穂が立体的に浮かび上がるシーンを撮りたかったので、できるだけお天気のよい日を選んで出かけました。

D72_1981

 

 

 

D72_2302

 

 

 

D72_2238

 

 

 

D72_2342

 

 

 

D72_1888

 

 

 

D72_1957

 

 

 

D72_2379

 

 


こちらはススキではなくオギ。オギはススキよりも小穂の基部から伸びる毛の毛足が長く、小穂の先端にはススキにある芒(のぎ)がない。小穂から伸びる毛もススキよりもずっと白っぽいので穂全体は銀色に輝いて見えます。「金色に輝く」といわれるススキとは対照的ですね。

D72_0270

 

 


こちらは番外編でノビタキがとまっているのはヨシ。ヨシの周りにあるのはオギ。
ススキとオギがイネ科ススキ属なのに対して、ヨシはイネ科ヨシ属です。因みに、ヨシにはススキと同じく芒があります。なんだかとってもややこしいですが、イネ科ハンドブック(文一総合出版)にはこのあたりのことは全部書いてます。

D72_0295

 

さて、今週末で10月も終わりですが、果たしてこの週末もノビタキはいてくれるかな。ノビタキがいてくれる限り、ノビタキ撮影をずっと続けます。日曜は選挙の投票日ですが、既に不在投票を済ませてます。

 

 

|

« セイタカアワダチソウにノビタキ | トップページ | 10月最終週のノビタキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セイタカアワダチソウにノビタキ | トップページ | 10月最終週のノビタキ »