« 彼岸の頃のノビタキ | トップページ | 蕎麦の花とノビタキ »

2021年9月29日 (水)

ガマの穂とノビタキ

 

秋のノビタキが続きます。このところ毎年撮影しているガマ(蒲)の穂とノビタキ。アースカラーなガマの穂の色と冬羽のノビタキの色とが絶妙にマッチしてとても好きな取り合わせですが、今年の秋も無事撮影することができました。

昨年の秋にこの場所でガマの穂とノビタキを撮影していた時、ガマが群生している休耕田の周囲の田圃に測量用のものらしき杭がいくつも建てられていたため、田園地帯が盛り土されて消失してしまうのではと心配していました。このために今年はノビタキがまだ繁殖地にいる8月末にロケハン目的でこの場所を訪れてフィールドの状態を事前確認していましたが、その際、田園地帯もガマの群生も昨年以前と変わらず残されているのを見て安心しました。

例年だとこの場所での撮影は10月中旬頃に行いますが、今年は9月の撮影でいつもの年よりも半月以上早かったのですが、ノビタキの数はやや少な目なものの(それでも10羽ほどのグループがいました)、ガマの穂には次々ととまってくれました。光の状態が良くなる午後3時過ぎから約2時間ほどの撮影でしたが、とても楽しい時間を過ごすことができました。

因みに、昨年自宅からすぐの場所に新たに見つけたノビタキがやってくるガマの群生は今年は残念ながらガマの穂が全くと言ってよいほど出ていません。自然環境というのは人の思う通りには行かないと改めて痛感します。

 

D72_7344

 

 

 

D72_7747

 

 

 

D72_7870

 

 

 

D72_7466

 

 

 

D72_7858

 

 

 

D72_7786

 

 

 

D72_7825

 

 

 

D72_7456

 

 

 

D72_7284

 

 

|

« 彼岸の頃のノビタキ | トップページ | 蕎麦の花とノビタキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 彼岸の頃のノビタキ | トップページ | 蕎麦の花とノビタキ »