« 葱坊主にスズメ | トップページ | 初夏のノビタキ »

2021年5月17日 (月)

山藤にオオルリ・その2


先週に引き続き、山藤にオオルリ。機材をゴーヨンとNikon1 V3の組み合わせに変えて、35ミリ換算1350mm/F4で撮影してきました。先週の日曜日もこの組み合わせで撮影したかったのですが、残念ならが前日に繰り返しやってきたオオルリ君が寄り付く気配が全くなかったので、1週間おいての再チャレンジでした。
山藤の花は1週間前に比べるとかなり傷んでいましたが、それでもまだオオルリとの組み合わせで写真を撮るにはぎりぎりセーフといった感じでした。Nikon1を使って撮り直しをしたのは、テレコン使用やクロップモード使用なしで十分に画素数のあるプリント向き画像を残しておきたかったからです。目的はそれなりに達成できたかなと思っています。連写能力の高いNikon1での撮影なので、撮影枚数は1500枚近くになっていて、全ての画像に目を通せていませんが、ざっと見渡した中から構図やオオルリの顔の向き等が良いと思われるものをピックアップしてRAW現像したものを数枚アップします。

 

 

Dsc_2530

 

 

 

Dsc_2649

 

 

 

Dsc_1877

 

 

 

Dsc_1678


近畿地方が史上最速の入梅となり、今年の山藤は流石にもう終了だと思います。
今年のような理想的なシチュエーションはなかなか巡って来ないと思いますが、来シーズン以降もどこかよいポイントを探索したいと思います。

 

 

|

« 葱坊主にスズメ | トップページ | 初夏のノビタキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 葱坊主にスズメ | トップページ | 初夏のノビタキ »