« 山藤にオオルリ・その2 | トップページ | 収穫間近の大麦にセッカ »

2021年5月18日 (火)

初夏のノビタキ


異例なほど早い入梅宣言で、季節が一つ進んでしまい、まだ5月中旬なのにもはや初夏とは言えなくなってしまいましたが、初夏に撮ったノビタキを。
撮影場所はバーダーはもとより観光客も全くやってこない人との接触が皆無の撮影ポイントです。撮影場所自体に車を駐車できるので駐車時に人に接するようなこともありません。移動は全て深夜に行う弾丸準日帰り。途中、給油と仮眠はとりますが、人や車が集まる高速SAは使いません。春のノビタキ撮影の時と同様、途中でコンビニ等に寄らなくてよいように、食料や飲み物は自宅を出る際に用意しておきました。
今回の撮影ポイントは人に会うことはないですが、花の季節となるとそうはゆかないでしょうね。

 

雲ひとつのない晴天で、八ヶ岳連峰は端から端まで全てすっきりと見渡せました。

D72_3448

 

 

 

D72_3415

 

 

ここでは定番の赤岳と阿弥陀岳背景。ノビタキのとまった姿勢も理想的。

D72_3797

 

 

枯れススキからの飛び出し。

D72_3813

 

 

飛翔。

D72_3815

 

 

雪山バックに急降下。

D72_3512b

 

 

芽吹き始めたカラマツどまり。

D72_3003

 

 

 

D72_3089

 

 

カラマツと雪山。

D72_2904

 

 

 

D72_2752

 

 

|

« 山藤にオオルリ・その2 | トップページ | 収穫間近の大麦にセッカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山藤にオオルリ・その2 | トップページ | 収穫間近の大麦にセッカ »