« カラシナの上を飛ぶハイイロチュウヒ雌タイプ | トップページ | 春のノビタキ・その4 »

2021年4月20日 (火)

春のノビタキ・その3


春のノビタキ第3弾。4月に入って3回目の週末なので雌個体の割合が圧倒的に増えているだろうと予想し、ノビタキの女の子を撮影すべく出かけてきました。今回も自宅を出てからは人との接触を避けて、誰一人やってこないフィールドでの撮影です。
2カ所のポイントで合計20羽以上のノビタキを見ましたが、予想に反して雄個体がまだたくさん残っていて、雌雄の割合は半々ぐらいでした。今年の春はノビタキの通過のペースが早いと思っていましたが、実際にはむしろ反対で、もしかしたら次の週末もまだ近畿での通過個体が見れるかもしれません。

 

セイヨウカラシナが僅かに見られるポイントで、雨降る中の撮影。

D72_8147

 

 

 

D72_7850

 

 

こちらは4月第1週にも撮影したハマダイコンの群生。

D72_7031

 

 

花の先端からの飛び出しシーン。

D72_7612

 

 

 

D72_6892

 

 

 

D72_7586

 

 

スイバにもよくとまっていました。

D72_7966

 

 

セイヨウカラシナにつかまりどまり。

D72_8065

 

 

カラシナバックにギシギシどまり。

D72_8142

 

 

最後はまだまだたくさんいた黒ノビ君。雄個体もこの日たくさん撮りましたが、今回は1枚だけのアップです。

D72_6734


さて、春ノビ・その4はあるのかな?

 

 

|

« カラシナの上を飛ぶハイイロチュウヒ雌タイプ | トップページ | 春のノビタキ・その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カラシナの上を飛ぶハイイロチュウヒ雌タイプ | トップページ | 春のノビタキ・その4 »