« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月28日 (火)

ホテイアオイの群生とカルガモ

ホテイアオイの花が満開に。その中にカルガモがいました。しばし、モデルさんになっていただきました。ここは以前は午後4時頃になると花の上をツバメがたくさん飛んでくれたのですが、近年はあまり多くのツバメを見なくなりました。この日も1~2羽飛んでいただけ。ちょっと残念です。



Dsc_4988




Dsc_4926s




Dsc_4952s

| | コメント (0)

2018年8月27日 (月)

ツバメのねぐら入り

満月の夜のツバメのねぐら入り。これを狙えるチャンスは年に2回ほどしかないが、先月は曇って月が全く見えなかったので、今回は今年最後のチャンスでした。画像をクリックしてポップアップ表示でご覧いただければ幸いです。


月齢13.7で完全な満月ではありませんが、月の出時刻とツバメのねぐら入り時刻が一番うまくかみ合うのは一昨日の月でした。因みに、月の出時刻の約25分後くらいに月が山の端から姿を現します。経験上、ねぐら入り開始時刻の約1時間前ぐらいが月の出時刻となる日が撮影には適しています。

D72_2705



2枚目は昨晩の月。月の出時刻が一昨日よりも30分ほど遅く、山の稜線から月が顔を出した時間にはツバメのねぐら入りはほぼ終了間際でした。ほんの短い時間だけ月と重なる位置を飛んでくれました。月の高度が低いので色が赤いです。

D72_2789

| | コメント (0)

2018年8月 9日 (木)

ルリビタキ


シラビソの梢のルリビタキ。今シーズンはシラビソの球果が昨年以上に大当たりなので、綺麗な球果がたくさんついた木にとまったルリビタキを是非とも撮りたかったのですが、これまでなかなかチャンスに恵まれませんでした。先週末にようやくワンチャンス。お天気が良すぎたためにルリビタキの色もシラビソの球果の色もあまり良い色が出なかったのが少し残念ですが。




D72_0379

| | コメント (0)

2018年8月 8日 (水)

モミの木の梢のウソ


ウソの成鳥雄がモミの木の梢にとまりました。シラビソもモミもマツ科モミ属の木ですが、シラビソの球果は青色なのに対し、モミは緑色をしています。同じモミ属ではオオシラビソ、ウラジロモミの球果はシラビソと同じ青色なので球果の色だけで種の特定は出来ませんがモミはわかりやすいです。
シラビソの球果にもモミの球果にも球果が十分育ってきた今の季節になると白い樹脂のようなものがついていますが、これは松脂(マツヤニ)です。




D72_0394

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »