« 梢で囀るカヤクグリ | トップページ | モミの木の梢のウソ »

2018年7月27日 (金)

高原のシシウドとノビタキ


シラビソの球果が綺麗な高いお山に行った日の前日は高原に花の様子のチェックに行ってました。目的の花は予想したよりも開花が進んでいなかったため、肩すかしをくらっちゃいましたが、シシウドは例年よりも早く、そして、例年よりもたくさん咲いていました。



この週末は、ノビタキのいる高原も台風が直撃で撮影どころじゃないよね、なんて思っていたら、台風の進路がさらに西寄りになり、どうやら直撃されるのは信州の高原じゃなくって私の居住地の近畿地方のようですね。その後の進路予測では西日本豪雨の被災地をも台風が遅い速度で通過してゆきそうです。自然はなんて残酷なんでしょう。

D72_7547




D72_8245

|

« 梢で囀るカヤクグリ | トップページ | モミの木の梢のウソ »

コメント

隊長さん、おはようございます。
お山、高原、収穫ありですね。
今年も一鳥入魂し過ぎて反省です。梢のウソやホシガラスまだ間に合うかな、とひそかに狙っていますがどうなる事やら。例年のタマシギは戦意喪失です。

投稿: 山鵜 | 2018年7月30日 (月) 08時19分

山鵜さん、こんにちは。
ウソの子育ては9月頃まで続きますし、ホシガラスが好物のハイマツの実の食べごろはこれからですので、どちらの鳥もまだまだ十分撮れますね。
今年の猛暑、タマシギ探しには厳しいですね。稲もぐんぐん伸びてきて見つけるのも困難になってきましたね。

投稿: 探検隊隊長 | 2018年7月30日 (月) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梢で囀るカヤクグリ | トップページ | モミの木の梢のウソ »