« ノビタキ対カッコウ | トップページ | 高原のホオアカ »

2018年6月27日 (水)

6月の高原のノビタキ

レンゲツツジが満開の頃に出向いた高原のノビタキ。既に撮影から10日以上経過してしまって、季節は次にステップに移行してしまってる感がありますが、賞味期限ぎりぎりでアップします。時期的には雌が抱卵中の番が多かったのか雌個体を見かける頻度が低かったように思います。




レンゲツツジの上にとまる雄。この個体はよく囀ってましたが、相方は抱卵中だったのか見かけませんでした。

D72_5193





こちらの雄は育雛中でした。

D72_4492s





コバイケイソウは今年は当たり年。八ヶ岳方向をバックに。

D72_5608s





雌個体。

D72_3845s




D72_4460





既に巣立っている雛もいました。巣立ち雛はやはり無条件で可愛いですね。

D72_4044





母と子。

D72_3952

ニッコウキスゲの頃にも行けるといいんだけど、どうなるかな。今年はニッコウキスゲの花芽はやや少なめに感じました。気のせいかもしれないけれど。

|

« ノビタキ対カッコウ | トップページ | 高原のホオアカ »

コメント

おはようございます
綺麗ですね、レンゲツツジの頃に行った事がありません
いつも隊長さんの綺麗なの見せて頂くだけです
コバイケイソウ当たり年と聞き慌てて予定立てました(*^_^*)

投稿: わこ(*^_^*) | 2018年6月28日 (木) 07時36分

わこさん、こんにちは。
予定たてられたのですか? コバイケイソウはそろそろ終盤になるので花穂が所々黒くなってきてるかもしれませんが、ニッコウキスガ場所によってはだいぶ咲いてきてますよ。

投稿: 探検隊隊長 | 2018年6月28日 (木) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノビタキ対カッコウ | トップページ | 高原のホオアカ »