« 春のノビタキ雌 | トップページ | 初夏の高原のノビタキ »

2018年4月25日 (水)

センダイムシクイの囀り


春のノビタキの撮影が一段落したので、自宅近くの低山にノビタキ以外の夏鳥を探しに行きました。きっかり1年前に同じ場所を訪れた時にはまだ桜が咲いていましたが、さすがに今年は全部葉桜になっています。

毎年訪れるカエデの新緑がとても美しいポイントにたどり着くと、今年もセンダイムシクイが盛んに囀っていたので、この日のモデルさんはセンちゃんに決定です。センダイムシクイも他のムシクイ類と同様、忙しく枝移りを繰り返す鳥なので、ファインダーに捉えるのにも苦労しますが、エゾムシクイなんかに比べたら遥かに簡単です。むしろここでの撮影で難しいのは露出とホワイトバランス。森の中と外で明暗差がとても大きく、カエデの新緑の葉が眩しいくらいに生い茂っているのでちょっと気を抜くと写真がすぐに緑かぶりしちゃいます。この日も森の外はピーカンのよいお天気。本当に難しいですね。
途中で森の奥の方からこの場所では珍しくコマドリ君の囀りの声も聞こえてきましたが、目の前に新緑の横枝で囀ってくれる素敵なモデルさんがいるので、この日の撮影はセンちゃんだけに集中しました。次回訪れる時はもう少し森の奥まで進んでイケメンのキビタキ君を探してみようと思います。



D72_6122




D72_5573




D72_5768




D72_5706s




D72_5590s




D72_6062s




D72_6167s

|

« 春のノビタキ雌 | トップページ | 初夏の高原のノビタキ »

コメント

隊長さん
大変お久しぶです。 ニクマルです。
FBをやめてしまってからすっかりご無沙汰しています。
相変わらずきれいな作品ばかりで楽しませていただいてます。
今年もようやく山に出かけられて、いろいろな出会いを楽しみにしていましたが 驚くほど鳥の種類、数が減っていて寂しい思いで帰宅しました
センダイは数えるほどしか確認できず、撮影はできませんでした(ほとんどが声のみの確認)。
毎年同じ思いを繰り返しますが益々酷くなる気がします。
でも、カメラマンの多い公園には出かける気もなく、出会いが少なくてものんびり野山でファインダーをのぞくほうが楽しい偏屈ジジイを目指しています!

投稿: ニクマル | 2018年5月 6日 (日) 15時56分

ニクマルさん、こんにちは。
お久しぶりです。コメント下さってありがとうございます。
FBをおやめになられてからニクマルさんの写真を拝見できなくて寂しい思いですが、時々kochanのところに投稿されるのを見させていただいてます。

今年の夏鳥、気温が高い割には標高を上げるのが遅いのでしょうか。センダイムシクイ撮影していた低山で数日前にまだコルリがのんびりしてました。
偏屈、いいですね。公園での撮影会は僕もパスです。

投稿: 探検隊隊長 | 2018年5月 7日 (月) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春のノビタキ雌 | トップページ | 初夏の高原のノビタキ »