« ニッコウキスゲにとまるホオアカ | トップページ | ハリオアマツバメ »

2017年7月12日 (水)

7月の高原のノビタキ

ニッコウキスゲが見ごろを迎えた7月の高原。主役はノビタキですが、7月ともなると可愛らしい巣立ち雛の姿があちらこちらで目に付くようになっていました。




ニッコウキスゲの群落の中にいた巣立ち雛。既に自分で虫を捕まえられるまでに成長していました。

Dsc_6742



同じ子。

Dsc_6658



こちらは上の子のお父さん。子育てに一番手のかかる時期は過ぎたようですが、雛からは離れずにそっと見守っていました。

Dsc_6500



そして、こちらがお母さん。

Dsc_5403



こちらは別の番の雄。雛が巣で孵化したばかりのようでした。

Dsc_6410



この子は別の場所にいた、とても表情の可愛い巣立ち雛。この子も自分で餌捕りしていましたが、やはりお父ちゃんが少し離れた場所で見守っていました。

Dsc_7044

|

« ニッコウキスゲにとまるホオアカ | トップページ | ハリオアマツバメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニッコウキスゲにとまるホオアカ | トップページ | ハリオアマツバメ »