« レンゲツツジとノビタキ | トップページ | コマドリ »

2017年6月22日 (木)

ビンズイ

冬季には比較的暗い松の林床などを這いながら採餌していることが多いビンズイ。そのため、とても地味な鳥の印象が強いですが、繁殖期には木々の梢や花の上で盛んに囀っていて、冬とはまるで印象が変わりますね。夏の高山や高原でビンズイの囀りの声を聞くのを僕は毎年楽しみにしています。

モミ属の木の梢で

Dsc_2132



岩の上で

Dsc_2717



レンゲツツジの木の上で

D72_7278


|

« レンゲツツジとノビタキ | トップページ | コマドリ »

コメント

隊長さん、おはようございます。梢の鳥たちの囀ずる姿は本当に画になりますね。しばらく狙いに行っていません。
平地は遊び相手も少なくなって来ましたが、まだまだ高山は相手が居そうですね。ただ、見付けられるか?が山鵜にとっては一番の課題ですが(笑)

投稿: 山鵜 | 2017年6月26日 (月) 07時58分

山鵜さん、こんにちは。コメント下さり、ありがとうございます。
梢の鳥たち、毎年見られる鳥はいつものように姿を見せてくれてますが、なかなかいい感じのところでは撮らせてくれませんね。
そんな中、ビンズイ君は比較的よい雰囲気のところにとまってくれていました。
今年はルリビタキに苦労してます。声はたくさん聞こえるんですがなかなか天辺まで上がってきてくれません。

投稿: 探検隊隊長 | 2017年6月26日 (月) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レンゲツツジとノビタキ | トップページ | コマドリ »