« ホオアカ | トップページ | ツグミ »

2017年2月15日 (水)

オオジュリンとコジュリン

ここ最近、たて続けに大小2種の‘寿林’を見ました。オオジュリンは毎冬たくさん見るけれど、コジュリンの冬羽を近畿地方で見ることは意外と少ないんじゃないかな。



葦原のオオジュリン。地面には結構雪が積もってます。

Dsc_5737



水飲みではありませんでした。

Dsc_5889



田園地帯にいたコジュリン。こちらも地面は雪。

Dsc_5456



雪がはらはらと舞います。

Dsc_4697

|

« ホオアカ | トップページ | ツグミ »

コメント

隊長さん、こんばんは。
コジュリンは見たことないですね。
雪が残っている間に山鵜も北部に出かけるつもりです。
先ずはタゲリかなー

投稿: 山鵜 | 2017年2月15日 (水) 19時36分

山鵜さん、こんばんは。
コジュリンの冬羽は印象が薄い鳥で、ホオジロ科の他の鳥と一緒にいると気づかずに見過ごしてしまう可能性が高いでしょうね。夏羽は僕もまだ撮ったことがないので、次は花の上で囀ってる子を撮りたいです。
タゲリの場所、日曜日の段階ではかなりの雪がありましたが、山鵜さんが行かれるまで田んぼの雪が残っているといいですね。

投稿: 探検隊隊長 | 2017年2月15日 (水) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホオアカ | トップページ | ツグミ »