« ススキ・オギにノビタキ | トップページ | 秋のセッカ »

2015年10月14日 (水)

ガマの穂にノビタキ

ノビタキのフィールドを流れる用水路のガマの穂。ノビタキが寄り付いていたセイタカアワダチソウの群生のすぐ脇なのでガマの穂にもノビタキがやってくるだろうと狙いをつけて待ちました。



D71_6967



D71_6952



ガマの穂についている綿毛のようなものは穂の内部にぎっしりと詰まっているガマの種子が外にあふれ出てきたもの。

D71_8370



D71_8395



すぐ脇のセイタカアワダチソウの黄色をちょこっと。

D71_8389



ガマが群生していたのと同じ水路に綺麗に咲いていたミゾソバとチャバネセセリをおまけで。

D71_7602

|

« ススキ・オギにノビタキ | トップページ | 秋のセッカ »

コメント

探検隊隊長さん、こんばんは。
ノビタキが予想通りにガマの穂に来るあたり、さすがです!!
ガマの穂は形も面白いし、綿毛が出始めて季節感たっぷりの作品ですね。

投稿: UYAN | 2015年10月14日 (水) 21時07分

UYANさん、おはようございます。
広い場所で大群生していれば、もっととまる頻度は高いと思うのですが、ここはすぐ横をチャリンコや犬づれの散歩の人などがよく通るところなので1日粘ってもとまるのは1回かせいぜい2回程度でした。
今回は2日かけての撮影です。メインはアワダチソウなどでしたので待ちは苦になりませんでしたが。ミゾソバにやってくる蝶や蜂などはいろいろ撮れてなかなか楽しかったです。
ノビタキもあと3週間ほどですね。

投稿: 探検隊隊長 | 2015年10月15日 (木) 07時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ススキ・オギにノビタキ | トップページ | 秋のセッカ »