« 雌が増えたノビタキ | トップページ | キビタキ »

2015年4月21日 (火)

セイヨウカラシナにとまるノビタキ

河原に自生するセイヨウカラシナ。今年はカラシナの密度が例年よりも若干高かったために手前が抜けず、撮影には苦労しました。

Dsc_7787




飛びつき

Dsc_7803



背後にハマダイコンの群生

Dsc_8366




黄色から緑、白へのグラデーション

D71_3357

|

« 雌が増えたノビタキ | トップページ | キビタキ »

コメント

お早うございます(*^_^*)
凄い!素晴らしいです!綺麗し可愛いし!
今年はカラシナの場所には行けそうもありますん
こちらで堪能させて頂きました
なんだか疲れが取れてすっきりしました
ありがとうございました(*^_^*)

投稿: わこ(*^_^*) | 2015年4月22日 (水) 08時25分

わこさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。ノビタキはまだまだたくさんいましたが、ほとんどが女の子でした。菜の花畑では男の子をメインに撮影したので、今回は女の子を撮りたかった僕にとっては好都合でしたが。
わこさんの行かれるカラシナの場所は大阪の1級河川の某河川敷ですよね。あそこは個体数が少ないうえに、情報がすぐ拡散され、ノビタキがきた途端に1~2羽のノビタキに20人前後のカメラマンが殺到するので条件はよくありませんね。春のノビタキの移動ルートから推測すると、わこさんのお住まいの近くにも少し北上されれば静かにゆっくり撮れる場所があるように思います。来シーズンあたり原チャリ使ってポイント開拓されてみてはと思います。

投稿: 探検隊隊長 | 2015年4月22日 (水) 11時43分

そうなんですか!
来年は頑張って探してみます

今年は去年よりもう少し早めに最北に行きたいと思っています
お花の状態がその方がいいように思いました
ノビちゃんに会えるのを楽しみにしています(*^_^*)

投稿: わこ(*^_^*) | 2015年4月22日 (水) 23時51分

6月のノビちゃん撮影は道北のご予定なのですね。花の状態は花の種類にもよると思いますので早い時期の方が良いかどうかはなんともいえないですが、鳥の活性は7月に入ってからより6月の方がよいと思いますね。
6月はいわゆる蝦夷梅雨で日によってはとても寒い場合がありますからお気をつけください。朝ダウンが必要なくらい寒くて、昼はTシャツってこともあります。

投稿: 探検隊隊長 | 2015年4月23日 (木) 09時41分

そうなんですか!
上着持っていきます!
ありがとうございました(*^_^*)

投稿: わこ(*^_^*) | 2015年4月23日 (木) 11時50分

レインスーツも有効活用し、重ね着で温度調整できるようにするのが一番いいと思います。

投稿: 探検隊隊長 | 2015年4月23日 (木) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雌が増えたノビタキ | トップページ | キビタキ »