« ルリビタキ | トップページ | ビンズイ »

2013年7月25日 (木)

ルリビタキのソングポストのコマドリ

ルリビタキが定期的にとまる松の梢。ここに、後にも先にも1回こっきり、コマドリがやってきて囀りました。で、あわててレンズ向けましたが、なぜかAFが不作動。マニュアルでピント合わせしましたが、ちょっとピンボケ。
その後も間近で盛んに囀ってましたが、二度と梢に出てくることはありませんでした。

Dsc_6611

|

« ルリビタキ | トップページ | ビンズイ »

コメント

隊長さん、こんばんは。

これは仰天!衝撃的な画像ですね!!
ルリ君専用の松の梢にコマドリが留まるとは思いもしませんでした~
この個体、県道から入って直ぐの森で盛んに囀っていたコマドリでしょか?
[松に駒鳥]とは、また趣があって良い雰囲気ですね。この松の梢、
来年はコマドリ専用のソングポストに代わっていたら面白いですね!?

私が行った時は、珍しく若雄のルリビタキが梢で囀っていました。
此処で青くないルリを見たのは初めてでしたので、逆に新鮮でした!

投稿: たけぞう | 2013年7月25日 (木) 17時33分

たけぞうさん、こんにちは。
さすがにたけぞうさんにはこの松の梢がどれだか一発でわかりますね。
たけぞうさんが思っておられる個体と同じかどうかはわかりませんが、今回この子は足元付近でも盛んに囀ってました。
昨年はコルリが足元で盛んに囀ってましたが、今年はコマドリで、コマドリだったら天辺にも出てくるかもと期待しましたが本当に出てきたのは1回だけ。もうちょっとサービス良くてもよさそうなんですが。
この日は午前5時前頃に土砂降りになって、雨が上がってからガスが晴れるまで待って、それからの撮影でしたので、早朝1番から撮影に入れる状況だともしかしたら天辺への出もよいかもしれません。次行かれるときは是非チェックしてみてください。

第1回夏羽の若いルリビタキ雄は僕も見ましたよ。正面のかなり遠い梢で囀っていたのではないですか。雌タイプに見える雄が梢で囀ってるのは結構新鮮ですよね。

投稿: 探検隊隊長 | 2013年7月25日 (木) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルリビタキ | トップページ | ビンズイ »