« コマドリのごとく | トップページ | 終わらない夏・セッカ »

2012年8月 6日 (月)

沸き立つツバメ

どこからともなく集まってきて、空を覆いつくすツバメたち。2万羽とも4万羽とも言われるが、正確には誰にもカウントできはしない。

D7k_9602

|

« コマドリのごとく | トップページ | 終わらない夏・セッカ »

コメント

すごいですね。
ツバメも群れで行動するのですね。

投稿: M・O | 2012年8月 6日 (月) 09時39分

M・Oさん、ご覧いただき、ありがとうございます。
ツバメがこんなに群れている理由は、説明がないとわからないでしょうね。
全国で繁殖したツバメは、秋の渡りの時期が近づくと、集団で塒(ねぐら)をとるようになります。この写真も日没7時を回った頃から塒入りのために葦原に集まってきたツバメを撮影したものです。たくさん写っているように見えますが、群れのごくごく一部です。僅か10分間ほどの壮大なツバメショーです。

投稿: 探検隊隊長 | 2012年8月 6日 (月) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コマドリのごとく | トップページ | 終わらない夏・セッカ »