« 3月のノビタキ | トップページ | 白梅に蜂 »

2012年3月 6日 (火)

Nikon1とゴーヨンは相性良し

最近私の回りでも鳥撮り用にNikon1を導入する人が急増してきました。価格がとてもお手ごろになってきたからでしょうね。
Nikon1 V1ではマウントアダプターFT1を介して70-200mm/F2.8、300mm/F2.8、500mm/F4を組み合わせてみたり、キットレンズの10mm/F2.8を使ってコリメート撮影を試してみたりしましたが、中でもゴーヨン(現行のナノクリスタルコートのもの)との相性はすこぶるいいです。

下記のノビタキの画像はRAWで撮って現像後、1400×933ピクセルサイズにリサイズしただけの写真で、アンシャープマスク処理等は一切していませんが、必要にして十分な嫌味のないすっきりした解像感に仕上がります。

Dsc_4807

Nikon1 V1+FT1+VR 500mm/F4  ISO100 SS1/320 f5.6 露出補正+0.3
手ぶれ補正off、ピクチャーコントロールスタンダードのデフォルトパラメータでRAW現像後、Photoshop CS3でリサイズ

|

« 3月のノビタキ | トップページ | 白梅に蜂 »

コメント

お久しぶりです
全く同じ構成で撮っています、大変参考になりました
私は、ISOを320で撮っていましたので、一度100で
撮って見ます、D300で撮った場合と比較して不満が残っています。道具でなくやっぱり腕の差ですね。頑張ります

投稿: 富さん | 2012年3月 7日 (水) 09時04分

富さん、こんにちは。
解像感は被写体までの距離に大きく依存しますからこの写真だけで評価するのは危険ですが、私はこのカメラはよく解像すると思ってます。ただ、シャッターはかなり慎重に切る必要があります。上の写真はケーブルレリーズやリモコンレリーズは使っていません。

ISO感度ですが、無理にISO100に固定する必要はないと思いますよ。このカメラ、ISO感度オート設定にしてもSSが1/125秒あたりまでは頑固にISO100を維持し続けます。そのためISO感度オート設定にしていてもほとんどの場合、ISO100で撮れています。逆に言うとある程度高速のシャッタースピードを確保したい時はこまめに高感度固定に設定し直した方がいいということになります。予想よりも高感度になってしまうことよりも、予想より低感度になってしまって必要なシャッタースピードを確保できないことを避ける方に気を使うべきカメラです。

投稿: 探検隊隊長 | 2012年3月 7日 (水) 12時55分

ありがとうございます
マクロも面白そうですね、一度手持ちの
レンズを全て試して見ます
確かに被写体までの距離でずいぶん解像感が
変わりますので、やっぱり近いが何よりですね

北海道は、6月に日本海フェリーで行きたいと
車中泊雑誌を集めています

投稿: 富さん | 2012年3月 8日 (木) 16時39分

富さん、こんにちは。
私の使っているマクロレンズは水中写真の頃によく使っていた二世代くらい前のものです。AF-Sではないので、もともとV1ではAF撮影はできませんが、マクロを本当にマクロ的に使うとAFはほとんど役に立たないのでMFだけで十分です。ただ、絞り羽が円形絞りでないのが不満で、新しいマクロレンズ欲しいなと思ってます。

フェリーで北海道とは羨ましいですね。日数がとれないと無理なので多分私は一生無理そうです。数年前の夏の北海道で、確か三重からフェリーで来られてたご夫婦にお会いしました。当時で今の富さんと同じくらいの年代のご夫婦でしたが、そのご夫婦も車中泊しておられましたね。

投稿: 探検隊隊長 | 2012年3月 8日 (木) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月のノビタキ | トップページ | 白梅に蜂 »