« 雪の日のハイイロチュウヒ | トップページ | 逆光の中のオオジュリン »

2012年2月 1日 (水)

豊富な木の実

たわわに実ったヌルデの木。ジョウビタキの雄とルリビタキの雌がこのあたりを縄張りにしているが、このヌルデの実を食べに来る頻度は意外と少ない。周囲を見渡すと、他にもヌルデの実がいっぱいある。他の木の実も豊富。あえて開けたところの木の実を食べに来る危険を冒す必要がない。そんなこんなで、鳥は言われるほど少ないわけではないのだが、見つけるのは大変なのでした。

D7k_5624

|

« 雪の日のハイイロチュウヒ | トップページ | 逆光の中のオオジュリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の日のハイイロチュウヒ | トップページ | 逆光の中のオオジュリン »