« コチドリ | トップページ | フィールドは生きている »

2011年6月 6日 (月)

コマドリ

梢で囀るコマドリの偵察に行ってきましたが、距離が遠く、個体数も少なめでした。梢のコマドリは至近距離は希望しませんが背景抜けのいいところにとまってほしいですね。今回は後ろの林が迫っている位置で今ひとつ。

D7k_8944

距離があるため久々の1.7倍テレコン使用でした。ライブビューで連写。

|

« コチドリ | トップページ | フィールドは生きている »

コメント

おはようございます。
いつも楽しみに拝見させていただいています。
コマドリ、美しいですね。
自分の目で見てみたいものです。
そろそろアカショウビンの声を聞きに大山を歩きたいと思っていますが、今しばらくは花優先の場所になってしまいそうです。

投稿: hiro | 2011年6月 6日 (月) 07時56分

hiroさん、こんにちは。
コマドリは亜高山帯で繁殖しますので大山では一時通過としてしか見れないかもしれませんね。
アカショウビンですが5月にそちらに行かれた方が撮影されています。私は今期はまだ声の確認だけです。
今は花がとっても綺麗でしょうね。

投稿: 探検隊隊長 | 2011年6月 6日 (月) 08時44分

こんにちは。
 初めてお便りします。
 さる場所でどんな写真を撮りたいかという話しになったとき、こちらの名前がでました。

 ああいう風に撮りたいねという結論になりました。話しを聞いてこちらを訪ねました。
 なるほど、鳥の写真はこう撮るのかというショックを受けました。私はデジスコからデジ一ボーグに来ましたのでつい、大きく撮ればいいという方向でした。
 
こちらの写真はたいへん勉強になります。勝手に参考にさせていただきます。

投稿: Cap君toはコピー君 | 2011年6月 6日 (月) 18時08分

隊長さん、こんばんは。
今年も梢で元気にヒンカララ~と囀ってくれましたね!
個体数が少なめとの事。春の低めの気温が影響しているのでしょうか?これから数も
増えてくれると良いのですが・・
栂の梢で囀る姿、とても良い雰囲気ですね!!私は昨年近過ぎて撮れませんでした~
私は7月に入ってからになりそうですが、今年は是非撮りたいです。
そうそう、昨年はシラビソの青い球果がまったく付いて無かったのですが、今年はどんな
感じだったでしょうか?

投稿: たけぞう | 2011年6月 6日 (月) 18時31分

Cap君toはコピー君さん、ご訪問&コメント、ありがとうございます。デジスコからBORGに移行されたのですね。私も天体鏡筒は使いますし、BORGも使ったことありますよ。
ここのコマドリは大きく撮りすぎるということは多分ないです。かなり鳥までの距離がありますからね。
デジスコでも天体望遠鏡でも一眼用レンズでも、所詮表現のための手段にすぎませんから、機材にこだわりなくいろいろ撮れたらいいですね。
以前125SDのモニターしてたときのレポートが下記リンクにありますが、BORGで撮っても一眼用レンズで撮っても私の場合あんまり表現手法は変わりません。

http://www.tomytec.co.jp/borg/world/userreport/115fai/001.html

投稿: 探検隊隊長 | 2011年6月 6日 (月) 18時54分

たけぞうさん、こんにちは。
本当は先週行こうと思っていたのですが、天気が悪かったので1週ずれました。
春の寒さの影響はそれほど大きくはないと感じましたよ。今回も現地は寒いかなと思ってたのですが、早朝4時台でも気温は10度ありました。
コマドリの囀り位置は昨年と同じくらい遠かったです。一羽だけ至近距離で囀っている個体がいましたが、下枝で囀っていたので姿が見えず、一度だけ茂みから茂みへ移るときにチラッと姿を確認するにとどまりました。
一昨年とても綺麗だったシラビソは今年も球果が付いていません。私も期待していたのですが残念です。
今回のカットは綺麗に抜けているように見えますが、立ち居地を僅かでも左右にずらすと目の前の木々が全面前かぶりになる状態でした。

投稿: 探検隊隊長 | 2011年6月 6日 (月) 19時02分

こんばんは
コマドリを撮影されていたのですね
やはり スキッと抜けた写真が理想的と言うのでしょうね
以前の私なら・・・これも有りかなと思っていました
しかし こうして隊長さんの写真を見て 写真とはどう有るのかと 洗練されたカメラマンはどう撮るのか・・・そんな事を 考えるようになりました ただ 鮮明に大きく撮りたい そんな事を 当たり前の様に思っていた時があります でも大きく撮らなくても 一羽の鳥は鳥 そんなに大きく撮らなくても カメラマンのロマンを持って撮る
また誇りとか・・・ そんな事を ここで学ぶのです 優しい教え それこそ 私が求めていた物です 知らずに居た事 ただ知らずに撮っていた事 自分の無知を 静かな優しいコメントをいただき学びます そして言葉の感謝の先に ここに投稿させていただき 僅か もしかしたら一ミリ程進歩があったなら それがご恩に報えるのではないかと思っています 言葉が足りず申し訳ありません
 

投稿: 春女苑 | 2011年6月 6日 (月) 20時41分

探検隊隊長さん、こんばんわ〜

全面緑の中、コマドリのオレンジがひと際目を引きますね!
こんな画もアリでは♪
ボクが行った高原よりもう少し先のお山ですネ...

投稿: kei3x | 2011年6月 7日 (火) 01時19分

春女苑さん、こんにちは。
私がここで写真の撮り方のことを書くのは、教えとかではなく、自分自身が普段心がけていることをただ書いているだけです。自分でいつも意識して忘れないように。それが結果的にお役に立てば、幸いなことです。
コマドリのいるこのフィールドは本当に気持ちのいい場所です。時間が許せば何日でもいたくなります。8月には家族で訪れる予定しています。でもそれまでに私一人で何度も行くでしょうね。

投稿: 探検隊隊長 | 2011年6月 7日 (火) 08時33分

kei3xさん、こんにちは。
高原まで一気に走って休憩、そこから更に2時間ちょっと走って、この別天地に。日帰りはかなりきついです。
コマドリまでの距離は相当ありましたが、幸い太陽がギラギラではなかったのでなんとか解像しました。晴れすぎだとこの距離はいくらがんばってピント合わせしても全部ボツになります。

投稿: 探検隊隊長 | 2011年6月 7日 (火) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コチドリ | トップページ | フィールドは生きている »