« ミヤマホオジロ | トップページ | オシドリ »

2010年11月30日 (火)

ハヤブサ若

10日ほど前に田園地帯で撮影したハヤブサの若さんです。電線にとまっているとカラスに何度もちょっかいをかけられていました。しかし、そこはさすがにハヤブサ。チョウゲンボウとは違います。しつこいカラスに怒ったハヤブサは逆に猛然とカラスを猛追していました。

カラスを追い払ったあと田圃を低空飛行するハヤブサ。
300_0935

再び電線にとまったところ、あとからホオジロがやってきてハヤブサのすぐ横にとまりました。ハヤブサ若さんは首を回した変な格好で「おいしそう~」と見ていますが、これだけの至近距離だと飛び出しの初速はむしろ体の小さいホオジロの方が速いのでハヤブサは手を出しません。ホオジロもそのことを十分わかって近くにとまったのでしょう。遠くから加速をつけて一気に強襲されるとホオジロはひとたまりもありません。

300_0965

ホオジロが飛び去ったあと、しばらくしてハヤブサも飛び立ち、私の目の前を低空飛行で通過しました。電線どまりを撮るためにテレコンを装着し、そのままだったので超ドアップの横っ飛びが撮れました。こんな距離でよくピントが合ったものです。

300_0997

もう1枚。こちらは昨年の冬撮影のハヤブサ若さんの在庫です。300_7631_2

|

« ミヤマホオジロ | トップページ | オシドリ »

コメント

隊長さん、こんばんは。
ハヤブサお見事です。この鳥をこの角度でこのピントは信じられません。羽模様もクッキリと観察が出来て、今まで見たことのあるハヤブサとは違ったハヤブサを見せてもらいました。

投稿: 山鵜 | 2010年12月 3日 (金) 22時44分

山鵜さん、こんにちは。電線から斜め下前方に私のほんとにすぐ前をかすめるように飛んだので、テレコン付の1000ミリ強でピントが合ったのは超ラッキーでした。
両肩羽の一部に換羽が見られますね。全体は上面がかなり赤っぽく見えますが、こうやって徐々に換羽してあの成鳥の色になってゆくのですね。

投稿: 探検隊隊長 | 2010年12月 4日 (土) 09時55分

こんばんは。
猛禽は、この子のように逆さにすると平衡感覚が効かなくなっておとなしくなります。そしてしばらくは動けなくなります。
ハヤブサはチョット違うようですね。
逆さに・・・・^^;
この子だけなのか、全部なのか気になるところです。

投稿: 夢太郎 | 2010年12月 5日 (日) 22時44分

夢太郎さん、こんにちは。

>猛禽は、この子のように逆さにすると平衡感覚が効かなくなっておとなしくなります。

それは知りませんでした。自分の意思で逆さまになったときは大丈夫なのかもしれません。
背面飛びしているのも時々見かけますね。

投稿: 探検隊隊長 | 2010年12月 6日 (月) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミヤマホオジロ | トップページ | オシドリ »