« 寂しい夏 | トップページ | 青空にカワラヒワ »

2010年8月18日 (水)

霧のなかのキジ雌

お盆の最後、久しぶりに猛禽でもと高い山まで出かけてみました。山が近づくにつれて雲が多くなってきましたが、そんなことも意に介さず登ってみたら、視界は10メートル未満。何にも見えません。霧というより雲の中。そんななか、車中で一夜を過ごし、翌日霧が晴れるのを期待しましたが、状況は全く変わらず。車の中で待機していると草陰からキジの雌が顔を出しました。あたりは真っ白けでMFでもピントの山がわからないような状況でしたが車中から手持ちで何カットか撮影しました。山での撮影はこのキジさんだけ。午前10時半頃まで天候の好転を期待して待ちましたが、一向に視界がよくなる気配がないので下山し、田圃へ行ったら灼熱地獄が待っていました。山ではダウン着てたのにね。

300_0001

300_0007

300_0020

後処理でコントラストをあげているので何とか見えますがファインダーを覗いているときはもっと真っ白でどこに目があるのやらよくわかりません。

|

« 寂しい夏 | トップページ | 青空にカワラヒワ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寂しい夏 | トップページ | 青空にカワラヒワ »