« 梢のルリビ君 | トップページ | ノビタキ巣立ち雛の後ろ姿 »

2010年8月10日 (火)

梢のメボソ君

梢のルリビ君に続いて、梢のメボソ君を。6月頃にはエゾムシクイの囀りもいたるところで聞けた山ですが、今はエゾムシクイの囀りはほとんど聞かなくなりました。しかし、メボソは今もいたるところで鳴いています。鳴き声だけでなかなか姿を見せてくれませんが、今回は目線と水平の5メートル先の梢で囀ってくれました。あまりにも近過ぎて梢の先端まで画角に収まらなかったのが残念。
メボソムシクイの囀りの声を知らない人にはこの鳥の声は虫の鳴き声にしか聞こえないかもしれませんね。

P1270614

午前10時半頃にはこの場をあとにして、高原へと移動しましたが、この日はルリビタキ、メボソムシクイのほかに、アカハラ、ウソ、ホシガラス、アマツバメが姿を見せてくれました。今シーズンは5月、6月、7月、8月と毎月のようにこの場所に訪れていますが、なぜか昨シーズン梢で頻繁に囀る姿を見せてくれたビンズイを一度も見ていません。不思議だなぁ。

|

« 梢のルリビ君 | トップページ | ノビタキ巣立ち雛の後ろ姿 »

コメント

またニアミスだったようです(^^♪
しかしメボソがこれほど大口を開けて囀るとは驚きました。
『ジュリジュリ・・・』と言う声のトーンからは想像もできませんね^^;

投稿: fukino | 2010年8月10日 (火) 18時55分

fukinoさん、こんばんは。
午前7時頃には誰も来ないポイントへ移動しちゃったのでお会いできなかったようですね。

メボソは仰るとおり、囀っている姿と囀りの声のイメージとのギャップが大きいですね。なんでこんな大口開けて、あんなにか細い虫の鳴くような声になるのか不思議です。

投稿: 探険隊隊長 | 2010年8月10日 (火) 19時37分

隊長さん、こんばんは。
やはり隊長さんも来られてましたか!お車を見かけたような・・・。メボソはきっと、虫の鳴き声で流していたのかもしれません。
 コマドリも良いのですが、ウソが撮りたかったのですが、鳴き声だけでした。
 今年不思議なぐらい青い実がありませんでしたね。
あれも結構好きなんですけどね。

投稿: 山鵜 | 2010年8月10日 (火) 23時50分

山鵜さん、こんにちは。
毎年恒例の風光明媚な場所への遠征に行かれるようなことを書いておられましたので、初日はもしかしたらこちらにも来られるのではと思っていました。
私は午前4時頃に到着しましたが、登山客の車であふれかえっている駐車場からは6時ちょっとすぎには出てしまいました。朝一のコマドリの様子を確認するためにとりあえず立ち寄って、状況がそんなに変わってなかったので早々に別のポイントに移動したのです。8月のこの時期は登山客が多すぎて身動きとりにくいですね。コマドリは結構移動するので声を頼りに上に行ったり下に行ったり数箇所ある駐車場を移動するのですが、あれだけ登山客が多いと難しいです。
やっぱりここのメインは6月ですね。ただ、今シーズンはどの時期でもあまりいい場所では撮らせてくれませんでした。シラビソの球果もいまいちでしたのでまた来シーズンに期待です。

投稿: 探検隊隊長 | 2010年8月11日 (水) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梢のルリビ君 | トップページ | ノビタキ巣立ち雛の後ろ姿 »