« カラマツソウの白い花 | トップページ | 夏羽のオオジュリン »

2010年7月28日 (水)

イソシギ

一見すると囀っているようにも見えるイソシギ。実は近くに雛がいるのです。カラスや人が近づくと雛に危険を知らせるために鳴きます。ケリのように騒がしくはありません。

300_0082

|

« カラマツソウの白い花 | トップページ | 夏羽のオオジュリン »

コメント

この様な場所で見かけたことはありませんが、BGMはマカロニウエスタン調でしたか?(笑)

投稿: ぱわすて | 2010年7月30日 (金) 13時47分

ぱわすてさん、こんにちは。
この写真、マカロニウエスタン調に見えましたか?
ここは湖畔ですが、雛たちは水辺をよちよち歩きしてました。このあと、本当にカラスが雛を襲う一幕があったのですが、親鳥2羽がものすごい形相で鳴いてました。

投稿: 探険隊隊長 | 2010年7月30日 (金) 16時03分

荒野の決闘と言うイメージでしょうか。
近づくつもりはなくても、ケリに鳴かれたことはありますが、イソシギがないている所は見たことがありません、たぶん。(笑)

投稿: ぱわすて | 2010年7月30日 (金) 22時21分

ヘンリー・フォンダですか。
私もイソシギがこんな風に鳴いているのははじめて見ました。営巣は全国どこでもするようですが、実際に雛を連れているのを見たのもはじめてでした。

投稿: 探検隊隊長 | 2010年7月31日 (土) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カラマツソウの白い花 | トップページ | 夏羽のオオジュリン »