« ノビタキin原野その3 | トップページ | ノビタキin浜辺の丘陵地その2 »

2010年7月16日 (金)

ノビタキin浜辺の丘陵地

探鳥地ガイドなどには一切載っていない名もない浜辺の丘陵地。ここはほとんどバーダーがやってくることはないが、鳥はたくさんいるので道北へ行ったときは毎回必ず1回は立ち寄る。ノビタキはもちろん、ノゴマ、コヨシキリ、シマセンニュウ、オオジュリンなどがあちらこちらで囀っている。背後では時折オジロワシが狩りをする姿も。海が近いということもあって日当たりがよいせいか、原野で花の咲き具合が今一の年も、ここではエゾカンゾウなどが綺麗に咲いており、海辺の代表的な花のハマナスもたくさんある。エゾニュウやエゾシシウドなどセリ科の花も立ち並び、そこに鳥がとまるので被写体には事欠かない。

300_0333

黄色いボケはエゾカンゾウ。ノビタキがとまっているのはまだ花が開いていないので判りにくいが、葉っぱの形からするとエゾシシウドではなくエゾニュウの方だと思われる。

|

« ノビタキin原野その3 | トップページ | ノビタキin浜辺の丘陵地その2 »

コメント

隊長さん、こんばんは。
山鵜もついに北の大地デビューしてきました!・・・が、滞在中ほとんど雨、しかも半端じゃない大雨に見舞われ散々な目に遇ってしまいました。隊長さんの後に写真をアップするのは気が引けますが、その内登場してもらうつもりです。仕事以外での訪問は30年ぶりですが、これは癖になりまね・・・。隊長さんの作品で見たつもりになっている次第です。

投稿: 山鵜 | 2010年7月16日 (金) 23時21分

山鵜さん、こんにちは。
そうでしたか。山鵜さんも行ってこられたのですね。今年は変な天気で猛暑になったり寒かったり、皆さん苦労されているようでした。
写真早く見せてください。楽しみにしています。
北の地は一度行ったら確かに癖になりますね。週末、関西に帰ってこずに北通いなんてことになるんじゃないですか。

投稿: 探検隊隊長 | 2010年7月17日 (土) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノビタキin原野その3 | トップページ | ノビタキin浜辺の丘陵地その2 »