« 春のノビタキ④ | トップページ | ライチョウ雄の肉冠 »

2010年4月26日 (月)

ホワイト&ホワイト

真っ白なライチョウさんを見るために真っ白な場所に行ってきました。

P1230011

300_0989

300_9857

300_9725

|

« 春のノビタキ④ | トップページ | ライチョウ雄の肉冠 »

コメント

いやぁ、まん丸!!真っ白!!
かわいいですね!
そう言えば去年も隊長さんのお写真を拝見して、ライチョウに会いたいと思いましたが、相方が寒さに弱いので断念しました。
1枚目の青空バックの雪山もきれいですね!

投稿: mitsu | 2010年4月26日 (月) 21時53分

mitsuさん、こんばんは。
そうですか。相方さんは寒さに弱いんですか。確かに天候が崩れると半端でなく寒いですが朝の気温がマイナス9度だった割りには体感温度はそれほど寒さを感じませんでしたよ。
翌日に標高1000メートル程度の山に寄ったのですが、森の中で早朝は陽が入らないのでむしろずっと寒かったです。
ライチョウは季節季節で違ったライチョウの生活が見れますがちょっとしたタイミングのズレで目的のシーンが見れないことがあります。今回のように白を狙うなら4月中に、昨年のように雄の見張りを撮るなら6月と狙いにふさわしい時期があるので要注意ですね。

投稿: 探検隊隊長 | 2010年4月26日 (月) 23時03分

こんばんは
キャー、かるたで何度聞いたか…「ライチョウ冬には白くなる」
そのまんま(*^_^*)
お土産でいただくお菓子の「雷鳥の里」の絵も白くないんです(・・;)
貴重なお写真ありがとうございます!

投稿: でつ | 2010年4月26日 (月) 23時46分

でつさん、こんにちは。
森林限界を超えているので高木はなく、木々は低いハイマツくらいですが冬にはそのハイマツも雪で完全に埋もれて白一面になるのでライチョウには隠れ場所がなく、そのために保護色で真っ白になるんでしょうね。
雄も冬は白くなりますが過目線は冬でも黒いままです。ここに写っている個体は全て雌です。

投稿: 探検隊隊長 | 2010年4月27日 (火) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春のノビタキ④ | トップページ | ライチョウ雄の肉冠 »