« ホワイト&ホワイト | トップページ | イワヒバリ »

2010年4月27日 (火)

ライチョウ雄の肉冠

ライチョウの雄の目の上の赤い部分は「肉冠」といいますが(雌にも肉冠はあるが小さくて目立たない)、この肉冠は興奮状態により大きくなったり小さくなったりします。
下記2枚の写真はいずれも同じ日に同じポイントで撮った同一個体の雄ですが肉冠の大きさを見比べてください。2枚目のカットは雄が雌を発見して求愛ディスプレイをした直後のもので、目の上の肉冠が盛り上がって大きくなっているのがわかります。

300_0464

300_1048

因みに上の個体はだいぶ換羽が進んでいて体も白黒まだらになっていますが、体はまだ真っ白な雄個体もいました。上に書いたように、興奮状態になく落ち着いているときは雄の肉冠がしぼんでほとんど見えない場合もありますのであまり夏羽に変わっていない白い雄を見たとき、雌と間違える人もいます。そういうときは過眼線に注目してください。体が白くても嘴の後方から目の後ろにかけて黒いのは雄です。また、雌の方は換羽が進んでくると白黒ではなく白と茶色のまだらになります。

|

« ホワイト&ホワイト | トップページ | イワヒバリ »

コメント

こんばんは(*^_^*)
肉冠とはそういう状態の時に大きくなるのですか
私は単なる飾りかと思っていました
男の子なのに赤いおりぼんスタイルがかわい~って思っていました (冷汗)
お勉強になりました ありがとうございました

投稿: わこ(*^_^*) | 2010年4月27日 (火) 22時02分

わこさん、こんにちは。
6月頃になると雄の肉冠は常時大きいので、これが大きくなったり小さくなったりすることには気付かないかもしれないですね。

投稿: 探検隊隊長 | 2010年4月28日 (水) 09時43分

昔、何度も出遭っていたのに、鶏冠は頭頂にあるのだと思っていました。
大変勉強になりました。

投稿: 夢太郎 | 2010年4月28日 (水) 10時43分

夢太郎さん、こんにちは。
頭頂にあったら、鳥のイメージが随分と変わるでしょうね。
夏羽の雌の肉冠は体色と同系色になってほとんど目立たないですが、白い時期は僅かでも肉冠が見えると白地に赤なので結構よく目立ちました。

投稿: 探険隊隊長 | 2010年4月28日 (水) 14時17分

こんばんは。
綺麗ですね♪
赤がすてきです。
撮ってみたい鳥ですね。

投稿: 北のとり | 2010年4月28日 (水) 21時18分

北のとりさん、こんばんは。
そちらでは、エゾライチョウですね。
エゾライチョウも赤い肉冠がありますが冠羽もありますので、雌へのアピールポイントはむしろ冠羽なのでしょうかね。

投稿: 探検隊隊長 | 2010年4月28日 (水) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホワイト&ホワイト | トップページ | イワヒバリ »