« 妥協 | トップページ | イエロー »

2009年10月 7日 (水)

ノビタキさんは杭がお好き

杭があるとついついとまってしまう習性。このときも杭に5~6羽がとまっていました。すぐ横が蕎麦畑だったので記念撮影おば。このあと杭にいた子たちが一斉に蕎麦畑に入り、もぐらたたきゲームのようにあっちからひょっこり、こっちからひょっこりと顔を出す、楽しいひと時を過ごせたのでした。

P1150441
KOWA TSN-4N+KOWA VA2+PANASONIC 45-200mm+PANASONIC DMC-G1

本日のお題とは全く無関係な話ですが、大型台風が接近しています。現在の予想進路だと近畿地方にも相当な影響がありそうです。台風が過ぎ去ったあとは台風一過のよいお天気の週末となりそうです。大阪府下の某所のコスモス畑でもノビタキが顔を出し始めたので、この週末は一気にカメラマンが増えそうです。以前にもこのブログでちょこっと書いたことがありますが、当該コスモス畑のある田園エリアは極めて地域性の強いローカルな野鳥の会の方たちが長年大切にして開拓してきたフィールドです。訪れるにしてもお邪魔するという謙虚な気持ちを決して忘れてはだめです。まして、撮影地情報をネットに明記するなどはもってのほかです(その地を唯一無二のフィールドとしておられる方が自身の地元のフィールド日記として地名を書いておられるのは全く別です)。不特定多数が目にするブログや掲示板上に自身の地元でもない撮影地情報を無責任に掲載することはたとえ掲載者が撮影時のマナーに気を使っていたと善意に解釈しても、掲載者自身が予期せぬ悪影響を与えるということを強く認識されるべきです。
もう一つ、該当のフィールドにはいくつかのコスモス畑が点在していますが、自分がここと予想した畑とは違う場所にノビタキがやってきたからといって、あわてて三脚持って一目散に近寄るようなことはやめましょう。少なくともノビタキがやってきたコスモス畑の前で長時間待機しておられた方達がある程度枚数の写真を確保されるまで遠目からそっと眺めるぐらいの余裕が欲しいです。撮影技術的にも、こういうときは遠目からノビタキがどんな状態でとまっているのかじっくり双眼鏡で見極めることが重要です。ノビタキのやってきた畑のすぐ横で待機していた人たちも、よくよく見ると背景抜けがそれほど良いとは言い難いポジションだったり背後に人口構築物が写り込むポジションだったりすることが意外と多いものです。へたに身動きすると鳥を飛ばしてしまうのでそのポジションに甘んじて撮っておられるということも多々あります。遠くにいるということは逆にいうと鳥の様子を伺いながらじっくりと大回りでベストな方向からアクセスできるということですから、こういう場合は絶対に焦って走ったり早歩きで近づいたりすべきではありません。

|

« 妥協 | トップページ | イエロー »

コメント

こんにちは!
今日もステキなお写真です!
お蕎麦の花、今満開なのですね。
こちら十勝ではとっくに収穫終わりました。
十勝はわりとお蕎麦の作付けは多いほうだと思います。
ウチの近所にも今年は2箇所、5ヘクタールの蕎麦畑がありました。
花は8月なので、ノビタキもまだいる季節なのですが、今年は私、蕎麦畑にいるところは一度も見かけませんでした。
ジャガイモ畑にはけっこういて、7月のジャガイモの花が満開のときにそれこそ花の中にとまっていましたよ。
隊長さんならきっと素晴らしい写真になさったでしょうね。
それにしても、鳥の写真を撮っている人なんて、いまだに会ったことありません。
なんて贅沢な環境にいるのでしょうね!
宝の持ち腐れだわ!(笑)

投稿: みる | 2009年10月 7日 (水) 19時58分

みるさん、こんばんは。
ジャガイモの綺麗な花。これはみるさんところでしっかりと拝見しています。とても綺麗ですね。
あの風景にノビタキがやってくるのですか。そして、同時期に小麦も。
今年の夏は北海道には行けなかったのですが、来年は本気で十勝ノビタキ・畑めぐりを計画してみます。

投稿: 探検隊隊長 | 2009年10月 7日 (水) 20時25分

おはようございます。

おっしゃるとおりですね・・・・。
こういう文言こそマナーの悪い方に読んで貰いたいのですが、まず読まないでしょうね。
私もたまにブログに書きますが(というより気が短いのでフィールドでけんかしてしまいますが)
全国どこでも問題ですね。

私も余裕ないほうですから気をつけないと(^^;

素晴らしいブログです。

投稿: あきGG | 2009年10月 8日 (木) 09時51分

あきGGさん、こんにちは。
本当はこういうことを書くのはあまり私の性分には合わないのです。といいいますか、私は野鳥撮影・観察における“マナー”という言葉自体があまり好きではありません。この言葉には通り一遍等の表面的な道徳観の押しつけ的印象がどうしても払拭できません。ただ、なかなか私の感じていることを表現するいい言葉が見つからず、一般によく使われている“マナー”という言葉をここではそのまま使ってしまっています。
もっと実質的なものの考え方、自然や小動物との接しかただけに偏った道徳観のようなものじゃなくって人との接しかたも含めた総合的な姿勢の問題なのですが、うまいこと言うのは難しいです。
人が一番関わりを持つのは野鳥でも小動物でも自然でもなく人であり、地元のバーダーが大切に育て上げてきたフールドに足を踏み入れるのにその地元の方の気持ちがわからずに、なんのマナーか、といったところでしょうかね。

投稿: 探険隊隊長 | 2009年10月 8日 (木) 12時44分

こんにちは!
7月上旬なら、ジャガイモも満開ですし、小麦も色づいています。
ノビタキさんもちょうどヒナが巣立つ頃ですね。
十勝の畑をまわれば、かなりの確立でノビタキさんに出会えると思います。
事前にご連絡くださればいろいろ情報をお教えできます。

投稿: みる | 2009年10月 8日 (木) 16時31分

みるさん、こんばんは。
ありがとうございます。計画が具体化したら必ずご連絡させていただきます。

投稿: 探検隊隊長 | 2009年10月 8日 (木) 18時58分

隊長さん、こんばんは。
目に余る光景をご覧になっての致し方ないコメントでしょうか、お察しいたします。
仰るとおり撮影仲間への配慮、それにもまして周辺の方々(農家の方、他の目的で楽しまれている方)への心遣いは本当に大切にしなければなりませんね。
バーダーや写真家が急増、ただ撮りたいだけの気で行動されている方もよく見受けるようです。
鳥見当初は私自身もその傾向があったような...
ところで、ノビタキもかなり数も増え、環境にも慣れてきたようですが、いまだKOWA TSN-4N+KOWA VA2+PANASONIC 45-200mm+PANASONIC DMC-G1を使っておられるようですが、その意図はいかがでしょうか。

投稿: T.M | 2009年10月 8日 (木) 19時51分

T.Mさん、こんばんは。
あはは、やっぱりそのあたり気になりますよね。仰るとおり、ノビタキの数も増えてきましたし、実際に一眼デジスコで撮っているような画角の写真は普通に一眼でも撮れるんですよね。そして画質は普通に一眼で撮ったほうが良い場合が多々。
種明かしをしますと、実は某有名サイトの11月のデジスコWEB個展にて秋のノビタキの写真を出展することになってます。過去の年度に撮った写真は一切使用しないつもりです。この秋に撮影したものだけで個展を構成します。そして機材はデジスコ限定なのです。出展の動機はいろいろとありますが、“機材が変わっても撮り方は何にも変わりませんよ”という私のメッセージのようなものだと思ってください。

投稿: 探検隊隊長 | 2009年10月 8日 (木) 20時28分

隊長さん、こんばんは。
やはり、そうでしたか。
WEB個展、楽しみだなぁ。じっくり拝見したいと思っています。

投稿: T.M | 2009年10月 9日 (金) 20時00分

こんばんは
私も襟を正さないといけません、手持ちは落ち着きのなさも同居してしまうので…
マナーという言葉がきついとすると「気遣い」「心配り」とするとやんわりになるのでしょうか。ただ、響く人にはどのような言葉を使っても響く、そうじゃない人にはどんな言葉を尽くしても変わらないような気がします。そして、いつかそれは写真に現れるのかな、とも。
 
個展、楽しみです。
某…がとても気になります

投稿: でつ | 2009年10月12日 (月) 22時47分

でつさん、こんにちは。
三脚担いだ人間は撮りには相当違和感があると思います。ちょっとした不意の動きで敏感に反応して逃げますからね。その点、手持ちは本来あまり動きが大きくならないから鳥にそっと近づけると思います。ただ、レンズが短い分、より近くに、と思ってしまいがちですけれど。もともとの理由は体力とか諸事情によるものでも焦点距離のやや短めのレンズで撮ると決めたらその焦点距離なりの大きさで絵作りしたほうがオリジナリティーが出ますね。
個展はあくまでもWEB上のものですから、ブログで見るのとそんなに違いはありませんよ。見る人の層が違うくらいでしょうか。枚数が限られる割りにいいのがあまり撮れてないのが一番の問題です。昨日も一昨日も1000回以上シャッター切ってるんですが。

投稿: 探検隊隊長 | 2009年10月13日 (火) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妥協 | トップページ | イエロー »