« ツツジ | トップページ | ライチョウの山へ・その2 »

2009年6月 8日 (月)

ライチョウの山へ

ライチョウのいる高い山まで行ってきました。ライチョウ以外にも撮りたいものがあったので、総距離2530kmを走破しました。さすがの私も今回だけはヘロヘロに疲れました。

300_7386

300_7665

300_7143

300_7042

300_7179

300_7038

300_7094

300_7347

300_7056

300_7055

赤、白、黒の3色混じり。真っ白よりも私はこの取り合わせが好みなんです。雌ももちろんいましたが、お母さんは高山植物が咲き乱れる頃に子育てしている姿がイメージなので今回は雄をメインに。

|

« ツツジ | トップページ | ライチョウの山へ・その2 »

コメント

すっ!!すごいっ!!!
飛んでいるライチョウ初めて見ました。。。
なんて言っても今までで2度しかライチョウそのものを見たことはないのですが。。
岩の上にたたずむライチョウもステキですね(^.^)
孤高の鳥。。。??って感じでかっこいいです!
ライチョウの眉(?)の赤。。。ナイスメイクですね~(*^m^)
すばらしい写真をありがとうございました。
遠くまでお疲れ様でした!

投稿: hiro | 2009年6月 9日 (火) 08時09分

hiroさん、こんにちは。
白山よりも西には2000メートル超級の山がないのでライチョウに会うにはだいぶ遠出しなければなりませんね。
飛んでいるライチョウは私も初めて見ましたが、今の時期は縄張りへ侵入してくる他の個体を追い払うためによく飛びます。今回掲載した写真は見張りのお立ち台と雌のいる場所を飛んで行き来していた雄個体がお立ち台から飛んでくるタイミングを狙って撮りました。飛ぶコースを予測できたので着地寸前のかなりのアップも撮れました。
この時期は比較的警戒心が薄く、観光客がいても平気で遊歩道を横切ったりするので一般のお客さんも携帯のカメラで撮影しておられましたよ。

投稿: 探険隊隊長 | 2009年6月 9日 (火) 16時02分

うわぁ・・・すごいですね!
いつもすごいですけど、ライチョウはまだ会った事がないけど興味アリアリの鳥なので特に関心があります。
飛んでるところもこんなにクリアに写っているのが不思議でなりません。。。

投稿: mitsu | 2009年6月 9日 (火) 20時57分

隊長さん今晩は。飛び物の雷鳥とは恐れ入りました!写真もさることながら雷鳥が飛んでいるのも不思議な感じがします。走行距離から推測するにひょっとして昨年末に仰っていた計画を実行されたのでは・・・?このブログにもいずれ登場するのですかね!!!

投稿: 山鵜 | 2009年6月 9日 (火) 21時31分

mitsuさん、こんばんは。
ライチョウは縄張りが確定する今頃の時期が一番見やすいです。雌個体は全く警戒心がなく、観光客の足元を悠然と歩いてゆきます。それを雄のライチョウが尾羽を広げてついていったりもします。
この時期のライチョウの飛びものは田圃のサギよりも撮影が容易かもしれません。遊歩道脇の目の前5メートル以内に雌雄が採餌していて、時々雄が飛んで見張り台に立ちますが、そこから再び飛んで戻ってくる場所は当然雌のいる目の前ですからお立ち台から飛んだのを見てからカメラを構えるとこちらにどんどん近づいて飛んできます。

投稿: 探検隊隊長 | 2009年6月 9日 (火) 23時04分

山鵜さん、こんばんは。
ライチョウはこの時期、よく飛ぶのです。雄同士の威嚇の鳴き声もこの時期よく聞けます。雄2羽が同時に飛ぶのも見ました。
もうひとつの目的の鳥は、最近山鵜さんが撮られたのと同じ鳥です。雌雄横並びになってくれましたが今のところ掲載は差し控えています。

投稿: 探検隊隊長 | 2009年6月 9日 (火) 23時08分

こんばんは。トビモノもさることながら風景の中の雷鳥さん、とても
素敵です。私もこういう画が撮りたいぞ〜(^^
またお会いしたらよろしくです。

投稿: 旧サンニッパ | 2009年6月 9日 (火) 23時42分

旧サンニッパさん、こんばんは。
現地でお会いしたとき、ハンドルネームをお聞きしていましたらもっと早くピンときていたかもです。ほんぐさんところでお名前とお写真は拝見していましたから。
今後とも宜しくお願いします。

投稿: 探検隊隊長 | 2009年6月10日 (水) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツツジ | トップページ | ライチョウの山へ・その2 »