« ミヤコドリ・シルエット | トップページ | オオヨシキリ・葦原の朝 »

2009年5月20日 (水)

葦原の主役はセッカ

毎年オオヨシキリを撮りに行く葦原。今年の主役はどうやらオオヨシキリではなくセッカのようだ。オオヨシキリはもちろん普段どおり普通に撮れるのだが、セッカが例年とは違ってすこぶる撮りやすく、いつもの年だとすぐに潜り込んでしまう葦にいくらでもとまってくれる。
同じフィールドの100メートルないし150メートル四方にセッカは10個体近くいるが、行動パターンは個体によってほぼ決まっている。葦原上空でヒッ、ヒッ、ヒと鳴いて葦にちょこんととまる個体はいつも同じ子。昨朝は専属のモデルさんとしてつきあっていただいた。

300_4355s

300_4188

300_4226

300_4313

300_4333

300_4292

300_4486

300_4480

300_4636

300_4631

300_4268

300_4498

300_4804

300_4786

|

« ミヤコドリ・シルエット | トップページ | オオヨシキリ・葦原の朝 »

コメント

いつも素敵な作品をありがとうございます。
今日のセッカも、二日前のノビタキも、
つくづく鳥にも「萌え系」があるのだなと感じさせられました。
変なコメントでごめんなさい

投稿: tosh | 2009年5月20日 (水) 20時12分

toshさん、こんばんは。
「萌え系」ですか。確かにそういうカテゴリーはあるかもしれませんね。コマドリなんかはしぐさによってはとても可愛いですが、少しカテゴリーは違う感じがします。エナガやシマエナガ、ベニヒワ、しぐさによってはミソサザイなんかもカテゴライズされそうですね。ヤマガラさんは? 「萌え系」というよりも「ひょうきん系」ですかね。

投稿: 探検隊隊長 | 2009年5月20日 (水) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミヤコドリ・シルエット | トップページ | オオヨシキリ・葦原の朝 »