« ノビタキ・デジスコ編 | トップページ | イワツバメ »

2009年4月19日 (日)

春のノビタキ・終盤

春のノビタキの通過。今回は雌個体が圧倒的に増えていた。春の通過は、雄が先に通過し始め、終盤で雄を追うように雌が通過するという傾向があるので、ガングロの雄の姿が減り始め、雌個体が多く見られるようになると春の通過もいよいよ終盤ということになる。
黄色いカラシナがただ絡んでいるだけならば地元でいくらでも撮れるのだが、場の雰囲気まで含めた絵づくりとなると撮影地はそれなりに厳選しなければならない。というわけで、今回も3週連続往復6時間かけて黄色いセイヨウカラシナと白いハマダイコンの花が咲くいつものフィールドへ。

300_9427

300_9473

300_9342

300_9260

300_9230s

300_9452

300_9290

300_9219

300_9383

300_9414

300_9303

300_9275

|

« ノビタキ・デジスコ編 | トップページ | イワツバメ »

コメント

隊長さん、こんにちは。
いいロケーションのフイールドをご存知なんですね。
思い存分、楽しまれたことでしょう。
どの作品も雰囲気があり、すばらしいです!

投稿: T.M | 2009年4月19日 (日) 16時52分

T.Mさん、こんばんは。
隣県ですが距離の割りに交通事情が良くないので意外と行き来に時間がかかってしまいますが自然環境は素晴らしいところなのでお気に入りのフィールドです。
野鳥撮影を始める前もこちらは別の目的で結構通ったものです。

投稿: 探検隊隊長 | 2009年4月19日 (日) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノビタキ・デジスコ編 | トップページ | イワツバメ »