« ノビタキ・飛びつきとか飛び出しとか | トップページ | カワラヒワ »

2008年9月28日 (日)

捨てられた案山子

秋の稲刈りが終わり、役割を終えた案山子が自生するノアサガオの中に捨てられていた。これもまた秋のひとコマ。

300_2636

|

« ノビタキ・飛びつきとか飛び出しとか | トップページ | カワラヒワ »

コメント

隊長さん
ノビタキ、楽しんでおられるようですね。
いいですねぇ。
私はまだ出会えていませんが、やはり早朝の方が出はいいのでしょうか。午前中遅めやお昼、午後では落ちるものなんでしょうか?

投稿: ejisan | 2008年9月28日 (日) 22時45分

ejisanさん、こんにちは。
小鳥=早朝、という図式が一般的ですが、ノビタキはそうでもないのです。見れるときは朝でも日中でも夕刻でも見れます。極端に早朝だと田圃などでは日が差してくるまで出が悪いこともあります。
理由がちゃんとあります。虫と関係しているんです。ノビタキは田園地帯や河川敷の草地などで小さな虫を餌にしています。虫が活発だとノビタキも活発です。雨上がりの晴れ間などが狙い目なのはそういうことが原因しています。

投稿: 探検隊隊長 | 2008年9月29日 (月) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノビタキ・飛びつきとか飛び出しとか | トップページ | カワラヒワ »