« 捨てられた案山子 | トップページ | 雨降り »

2008年9月29日 (月)

カワラヒワ

毎年少しだけ植えられているヒマワリ。決まってヒマワリが枯れ始めるとカワラヒワが集団でやってくる。空抜けになったり構築物が背景になったりと背景の抜きどころのないヒマワリなのでカワラヒワがとまってもなかなか絵にし難い。
ピンポイントで一箇所だけ遠くの木に抜ける三脚設置場所から撮ってみた。

300_2515

300_2443

|

« 捨てられた案山子 | トップページ | 雨降り »

コメント

今晩は~
ヒマワリにカワラヒワ良いですね~( ^▽^)
日曜日に巨椋干拓地でカワラヒワたくさん飛んでいたのですが遠くて撮れませんでした
羽が光に反射して黄色い羽が良く見えて、構図的には良い感じだったのですが・・・難しいですねこのチャンスを上手く撮るには。

投稿: どじょう家族 | 2008年9月29日 (月) 21時25分

どじょう家族さん、こんにちは。
カワラヒワ、多いですね。実った稲にもよくやってくるので巨椋でも本当によく見かけますね。
逆光で透けたカワラヒワの羽は綺麗ですので時々狙いますが、タイミングよく撮るのはなかなか難しいですね。

投稿: 探検隊隊長 | 2008年9月30日 (火) 09時39分

探検隊隊長さん、こんにちは!
 カワラヒワ・・・かわいいですね!図鑑などには、北海道では、カワラヒワは夏鳥として紹介されていますけど、最近は温暖化の影響か、冬でも少数いますよ!特に帯広の街では春から夏にかけて、カワラヒワが街路樹に巣をかけるので、とってもたくさんいます!スズメより数が多いくらいです。
 カワラヒワの、飛んだときの黄色い翼のラインがきれいで好きです!

投稿: みる | 2008年10月 1日 (水) 09時32分

みるさん、こんにちは。
カワラヒワは北海道では夏鳥なんですね。カワセミもそうですよね。
こちらには年中いますが季節により、また、個体によって羽の様子などは随分と違います。薄っすらとした優しい色あいの個体はぞくっとするほど綺麗ですね。
北海道では夏にエゾニュウなどの花の上にちょこんと可愛くとまっていたのが印象的でした。

投稿: 探検隊隊長 | 2008年10月 1日 (水) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 捨てられた案山子 | トップページ | 雨降り »