« キャンプ場の鳥 | トップページ | 秋の気配のする高原 »

2008年8月11日 (月)

星とアオバズク

地球を周回する月はひとつしかないけれど、星の数なら無数にある。月がだめなら星を重ねてみましょうってことで、やってみました星とアオバズク。2等星ぐらいの明るさの星。超望遠レンズでアオバズクにピントを合わせると、背後の星は大きくボケて、まるでお月さんのように。本日(今晩)の撮影です。

300_4429
D300+500mm/F4 ISO800 SS1.3秒 ミラーアップ撮影

|

« キャンプ場の鳥 | トップページ | 秋の気配のする高原 »

コメント

素晴らしい印象的な出来映えです。
明るさのほどは分かりませんが、よくピントが合わせられたものだと感心しています。
ライブビューでの液晶面でのピント合わせは、明るくても苦手ですから試したことがありませんが、撮れるものか試したくなってきました。
たしか昨年は黄色いお月さんが背景にあったような記憶がありますが違いましたっけ。

投稿: ぱわすて | 2008年8月12日 (火) 02時28分

ぱわすてさん、こんにちは。
この撮影ではライブビューは使っていません。光学ファインダーでアオバズクの尾羽の輪郭等を頼りにマニュアルフォーカスでピント合わせしています。
ぱわすてさんのモニターで下の個体(雛)の目は見えていますか? ピント合わせの際、目はファインダーではほとんど見えていませんでしたので、目にピントが合ったのはかなり奇跡的です。
昨晩も本当は月目当てで行ったのですが昨年の幹には来てくれず、掲載の写真の枝では月と位置が合いません。

投稿: 探検隊隊長 | 2008年8月12日 (火) 10時10分

隊長さん
今回のもいいですね。その時々の状況での工夫とアイデアですね。
ところで、『D300+500mm/F4 ISO800 SS1.3秒 ミラーアップ撮影』とのことですが、絞り優先でしょうか?
教えていただけますか、よろしくお願いいたします。

投稿: ejisan | 2008年8月12日 (火) 19時02分

絞り優先です。-1.7補正しています。

投稿: 探検隊隊長 | 2008年8月12日 (火) 20時29分

隊長さん、ありがとうございました。
-1.7補正ですかぁ。
尾羽の輪郭等を頼りにピント合わせとありますね、やはり、暗いものを暗く撮るということでのマイナス補正なんですね。

投稿: ejisan | 2008年8月12日 (火) 20時42分

こんばんは
素敵!の一言に尽きます
うちのカメラは。。。泣いています

投稿: でつ | 2008年8月12日 (火) 21時09分

D300はミラーアップが可能なのですね、これは素晴らしい。Canonも頑張らないと、このところ大変元気なNikonさんにやられっぱなしです。(^_^)

尾羽の輪郭でピンット合わせ、眼鏡をかけてらっしゃらない隊長さんですから、目の方が良いのだと思います、羨ましい限りです。これも職業病でしょうか、真夜中の暗い中でもビデオの明るいファインダーをのぞいているためか、暗さには弱くなって夕方にはピント合わせが辛くなってしまっています。

アオバズクの目はハッキリと、下の左側にあるかすかなキャッチライトまで見えています。偶然かも知れませんが、僕には考えも及ばない夜の生態を収めようとする成せるワザだと思います。

投稿: ぱわすて | 2008年8月12日 (火) 21時44分

でつさん、こんばんは。
干潟でシギチが賑やかになる頃ですからカメラを連れ出してやってください。

投稿: 探検隊隊長 | 2008年8月12日 (火) 21時57分

ぱわすてさん、こんばんは。
キャノンだってミラーアップ撮影は当然できますよ。マークⅢはもとより40Dだってできます。但し、キャノンはミラーアップでの連写はできません。ライブビューのまま連写できるのでミラーアップで連写できなくとも困らないかもしれませんが、露出はやはりライブビューでは不安定ですね。
私は目は決してよくありません。コンタクトをしています。裸眼視力は0.1未満です。加えて老眼。

投稿: 探検隊隊長 | 2008年8月12日 (火) 22時03分

隊長さん、今晩は。
ミラーアップ撮影、恥ずかしながら知りませんでした。
マニュアルさえ読んでいなかったので、改めて読んでみるとカスタム機能の設定変更で出来ました。
2種類のミラーアップ方法があり、ミラーアップ時での連写も出来ることが分かりました。
恥ずかしいですね、(^_^;)

あら、隊長さんの視力は僕と変わらないようですね、だのに暗い中でこれだけのピントが出せるのはすばらしいです。

信州から帰ってきてから、カメラを持ち出していません、何か落ち着かないのと暑いのと、仕事で山の方に入っていっても鳥さんの姿を見ませんので、9月の渡りのシーズンが始まるのが待ち遠しいです。

投稿: ぱわすて | 2008年8月16日 (土) 00時40分

ぱわすてさん、こんにちは。
ミラーアップでの連写がキャノンでもできるのはしりませんでした。ミラーアップ設定の「する(SETボタンでダウン)」の方に設定しておくとSETボタンを押すまではミラーが下がらずにそのまま連写できるようですね。これはフラッグシップ機だけの特権のようです。40Dでは1枚シャッターが切れると必ずミラーダウンし、連写できません。

投稿: 探検隊隊長 | 2008年8月16日 (土) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャンプ場の鳥 | トップページ | 秋の気配のする高原 »