« 夏山 | トップページ | タマシギ »

2008年8月25日 (月)

セイタカシギ

この時期、毎年どこかには現れるセイタカシギ。やはり人気者です。この子が現れるとフィールドがにわかに賑やかになります。
土曜日、日曜日と同じ干拓地に出向きましたが、タマシギの出が今ひとつだったので、必然的にセイタカシギのカットが増えました。動きものを含め一部をご紹介。

300_7638

300_7646

300_7829

300_7783

300_7772

300_7920

300_7929

300_8114

300_8942

300_8171

300_8127

300_8140

300_8926

1枚目~7枚目は土曜日撮影分。
8枚目~13枚目は日曜日撮影分。
全体のごく一部です。すべてのカットでカメラのアクティブDライティングを有効(標準設定)にしてあります。最後のカットのみ現像時にアクティブDライティングを強にしています。

|

« 夏山 | トップページ | タマシギ »

コメント

柔らかなトーンで撮れるいい日差しだったご様子、とても綺麗です。
こちらでは、あれからも探しに行きますが全く姿が見えませんし、休耕田は草が生い茂り水面が見えないところが多くて困っています。
農家の方に刈ってとは言えないし、今年も半ば諦めています。

投稿: ぱわすて | 2008年8月26日 (火) 02時35分

ぱわすてさん、こんにちは。
土曜日は雨が降ったりやんだり、日曜日も午前中は曇り空。普段は暑くてしょうがない干拓地も過ごしやすく、光も柔らかで撮影には良かったと思います。
土曜日の休耕田は枯れた蓮の葉がうっとおしくって、どのカットもいまひとつぱっとしません。時々飛んで別の休耕田に移った時が良かったです。
ぱわすてさんが「草刈しましょうか?」って言えば、「どうぞどうぞ」と喜んで刈らしてくれるんじゃないですか。

投稿: 探検隊隊長 | 2008年8月26日 (火) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏山 | トップページ | タマシギ »