« アキアカネ | トップページ | 落ちたアオバズク »

2008年7月30日 (水)

巣立ち

地元のアオバズク。今年も全部の雛が無事に巣立ってくれました。雛のスィーッ、スィーッというむせび鳴きに加え、今朝は親鳥のホー、ホーという鳴き声を聞くことができました。毎年通っていますがここで親鳥の鳴き声を聞いたのははじめてです。ちょっぴり得した気分。

300_3158

|

« アキアカネ | トップページ | 落ちたアオバズク »

コメント

二羽並んだところ、夏の風物詩のように感じてきました。
新聞等にも京都の有名どころで雛が巣立ったというのが写真入りで記事になっていますね、流石「京都」とでも言うのでしょうか、何箇所もあるらしくて「ここはまだ」なんて言うのも書かれていますから、遠いところの住人としては羨ましい限りです。
しかし、アオバズクの親は写真に撮らせてくれるのに、フクロウの親は警戒心が強いですね、ちゃんとしたものを撮らせてくれません。
こちらの地元では、アオバズクが居なくなってしまって、2年間姿を見ていません。何処かにいないかと探してはいるのですが、未だ見つけられずにいます。

投稿: ぱわすて | 2008年7月31日 (木) 01時45分

おはようございます
このお写真、玄関に飾っておきたい感じです、縁起ものとして。。。

投稿: でつ | 2008年7月31日 (木) 07時35分

ぱわすてさん、こんにちは。
今年は真っ白い毛も既に抜け落ちた状態で随分成長しての巣立ちとなりました。
アオバスクの営巣地は近畿の比較的近いところだけでも何カ所もありますね。各所をはしごする方もいらっしゃるようですが、私は営巣地の環境、日中の人の出入りの状況などからこの場所のアオバズクは営巣中の観察、撮影も営巣障害にならないと判断できるので、ここだけで撮影するようにしています。ほかの地のことももちろん知っていますが、訪問したことは一度もありません。
フクロウの親鳥は少し離れたところから遠目に雛を見張っていますのですぐにはわからないでしょうね。たいてい、雛の向いている延長線上のどこかにいるようですが。

投稿: 探険隊隊長 | 2008年7月31日 (木) 12時04分

でつさん、こんにちは。
縁起ものですか。そういえば最近はフクロウの置物がはやりのようで、信楽でも以前はタヌキの置物ばかりだったのが、フクロウの置物がかなり増えているようです。
ご希望とあらばリサイズ前のおっきな画像をお送りしますよ。

投稿: 探険隊隊長 | 2008年7月31日 (木) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アキアカネ | トップページ | 落ちたアオバズク »