« ノビタキ母ちゃん | トップページ | ノビタキ巣立ち雛 »

2008年7月24日 (木)

ノビタキ父ちゃん

本日の投稿記事のタイトルは容易に予想できますね。昨日が“ノビタキ母ちゃん”。なんと安易なタイトルなことか。“母ちゃん”、“父ちゃん”と続けば、明日の記事のタイトルも多分バレバレでしょう。

300_1163

300_1173

300_1432

300_1339

300_1336

300_1138

300_1208

|

« ノビタキ母ちゃん | トップページ | ノビタキ巣立ち雛 »

コメント

母ちゃんの素朴さと比べて父ちゃん。。。美しいですね~
次なる写真(予測どおりかな?)楽しみにしています。

投稿: hiro | 2008年7月24日 (木) 08時38分

hiroさん、こんばんは。
夏羽のノビタキ雄の姿はやはり美しく、そしてかっこいいです。秋までにもう一回くらいあえたらなあと思うのですが、どうなりますか。

投稿: 探検隊隊長 | 2008年7月24日 (木) 21時13分

こんばんは
父ちゃんは。。。広く見渡せるところがよく似合う(^O^)

投稿: でつ | 2008年7月24日 (木) 22時35分

あ~よかった。涼しい高原は最高でしたね。
秋までにもう一度とのことですが、帰りのコースは和歌山を通っていきますので、もしかしたら黒さの残った子にも会えるかもと私も期待しています。
また、紀の川市で野鳥の帰りコースになっている場所を野鳥の会の方に教えてもらったので、実際に見つけることが出来ればお知らせします。

投稿: ぱわすて | 2008年7月25日 (金) 01時32分

でつさん、こんにちは。
今回は雄個体は結構距離の離れたところにいたのでアップの写真はほとんどなくなりました。極近くで営巣していた場所もあったのですが、そちらではあまり撮影しませんでした。

投稿: 探険隊隊長 | 2008年7月25日 (金) 13時11分

ぱわすてさん、こんにちは。
秋の渡りの頃はぱわすてさんの地元を通過する個体が多いですね。田園風景を撮りに今年はなんとかお伺いしたいと思います。
秋までにもう一度というのは夏のうちにという意味で、高原にもう一度行けたらいいなということなんですよ。時期によって咲いている花も全く違いますからね。

投稿: 探険隊隊長 | 2008年7月25日 (金) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノビタキ母ちゃん | トップページ | ノビタキ巣立ち雛 »