« 夏の日差しとアオバズク | トップページ | 昨晩の月 »

2008年7月15日 (火)

高原のビンズイ

高原で囀るビンズイ。飛びながら鳴いているときはヒバリと間違えそうな鳴き方をする。繁殖地の高原でヒバリが飛んでいる、と思ったときはヒバリと即断せずに降り立つまで要チェック。目の前の梢でビンズイが囀り出す、かもしれない。

300_9921

300_9875

|

« 夏の日差しとアオバズク | トップページ | 昨晩の月 »

コメント

こんばんは
ビンズイさん、冬はウロウロしている姿しか見たことがありませんでした。枝に止まっている姿も大きな口を開けている姿も見たことがなかったので新鮮です(^O^)
冬よりもスリムになっているようにみえます。

投稿: でつ | 2008年7月15日 (火) 19時54分

もしかしたらビンズイだったのかも知れません。
上空で鳴いていたのは気づいていましたし、近くにも降りてきていたのに、ヒバリだと思っていたので注目していませんでした。
次の機会があれば、気をつけて観察してみます。

投稿: ぱわすて | 2008年7月15日 (火) 20時15分

でつさん、こんばんは。
アオジなんかもそうですが、この子も囀りの季節とそうでない季節とでは全く鳥のイメージそのものが違ってきます。高原で囀るビンズイは冬場に見るビンズイよりすごく明るい雰囲気があります。

投稿: 探検隊隊長 | 2008年7月15日 (火) 21時43分

ぱわすてさん、こんばんは。
ビンズイの囀りの季節もまだ続きますので次は是非囀っているところを見つけてください。

投稿: 探検隊隊長 | 2008年7月15日 (火) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の日差しとアオバズク | トップページ | 昨晩の月 »