« ハマヒルガオの咲く浜辺・その2 | トップページ | コアジサシ »

2008年5月18日 (日)

特集・シロチドリ

シギ・チドリのマニア?にとっては珍しくもなんともないシロチドリですが。私はチドリ類の中でもシロチドリがなぜかとても好きです。識別のポイントとなる胸の首輪が途中で途切れていることとも無関係ではないような気がします。前から見たときなんとなくツンツンととんがっていない優しい“ほんわか”とした雰囲気があり、その点がお気に入りのポイントです。
ハマヒルガオとシロチドリのショットを撮りたいと思ったのはスリースーズン前のこと。しかし、実際に狙ってみるとこれがなかなか難しいのです。ハマヒルガオは浜辺の奥の方に咲くので水際の方には花は咲いていません。シロチドリは浜辺の奥の方で産卵、子育てするのでこの花と絡んでくれる可能性はほかの鳥よりは高いのですが、人が近づくと水際の方に移動し、そして大きく飛んで場所を移動してしまいます。花との絡みはなかなか根気の要る撮影になります。
因みに、昨日は朝日に輝く海の上を飛翔する鳥も撮りたくて、午前2時前に家を出ましたが、早朝は思っていた以上に曇り空で水平線を真っ赤に染める朝日は拝めませんでした。

300_4670

300_4446

300_4597

300_4581

300_4692

300_5123

300_4736

300_4608

300_5250

300_4724

300_5261

300_4571

300_5258

|

« ハマヒルガオの咲く浜辺・その2 | トップページ | コアジサシ »

コメント

こんばんは
自分もチドリになったような気分になれる写真ばかりですね。
シロチドリ、私も今日撮りました。
でも、堤防越しなので同じ目線では撮れません(T.T)
シロチドリの頭の模様、カチューシャのようですね。

投稿: でつ | 2008年5月18日 (日) 21時25分

でつさん、こんばんは。
ここは人工の浜辺ではなく自然の砂浜なので鳥とはいつでも目線レベルで対面できます。
今回は河口干潟の方には回らなかったので見かけた鳥の種類はあまり多くはありませんでしたが、キョウジョシギが群れで飛んだり、コアジサシが雌雄でいちゃいちゃしているのを見ました。

投稿: 探検隊隊長 | 2008年5月18日 (日) 23時12分

隊長さん、こんばんは。
どれもこれも綺麗で清々しい作品ですね。見とれてしまいます。

投稿: UYAN | 2008年5月19日 (月) 21時16分

UYANさん、コメントいただき、ありがとうございます。先にコメントいただいた、でつさん、そしてUYANさん、皆同じカメラを使っています。偶然とはいえ、なんとなく嬉しいですね。因みに私のD300は本日入院となりました。

投稿: 探検隊隊長 | 2008年5月19日 (月) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハマヒルガオの咲く浜辺・その2 | トップページ | コアジサシ »