« 今月のセッカ | トップページ | 声はすれども・・・ »

2008年5月21日 (水)

ミユビシギ

この時期のミユビシギとトウネンは大きさの比較ができるほかの鳥が近くにいるか、二種が一緒に並んでくれるかしないと判別が難しくって悩んでしまいます。今回もさんざんに悩まされましがた、最終的にミユビシギとの判断をしました。比較対照となる大きさの鳥とは並んでくれませんでしたが、ぱっと見の大きさと、足先が水の中に沈んでいない写真のなかから後趾がないことを確認できるカットがあったのが決め手です。万一私の判断が間違っているようならご指摘いただけると幸いです。

300_5127

300_4953

300_4937

300_4946

300_4966

300_4973

300_5133

300_5212

300_5140

|

« 今月のセッカ | トップページ | 声はすれども・・・ »

コメント

こんばんは
”だるまさんがころんだ”をしているようですね。
昨日初めて『BARDER』を買ってしまいました。
すごいですね、見分け方などの情報量。ビックリです。

投稿: でつ | 2008年5月21日 (水) 22時19分

でつさん、こんばんは。
だるまさんがころんだ。浜辺のミユビシギはまさにそういった感じです。波の動きにあわせてあっちにいったりこっちにいったり。現場で見ているととても面白いですよ。
シギチの見分け方に少しご興味があるようでしたら「シギ・チドリ類ハンドブック」という本が手ごろですよ。厚さ5mmくらいの薄い本で大きさも手帳サイズくらいです。BIRDERと同じ文一総合出版から出ています。

投稿: 探検隊隊長 | 2008年5月21日 (水) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月のセッカ | トップページ | 声はすれども・・・ »