« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

イワツバメ

雨が降らないうちにと早起きして早朝4時に家を出た。道中は曇ってはいるものの雲が途切れ途切れでこれぐらいの天気の方がかえっていいかななどと考えていた。目的地の近くのトンネルを抜けると雨だった。現地に着いたら雨にくわえて強風も。ポンチョを来て双眼鏡だけでぐるっとフィールドを1週してみたものの、撮影できそうな感じがしないので山をおりた。麓では小雨がぱらつくものの風はなし。しばらくの間イワツバメにもて遊ばれた後、午前10時前に帰宅。

Img_7012

Img_7077

Img_7060

| | コメント (2)

2008年5月30日 (金)

ゴイサギ

一枚の田んぼにゴイサギが4羽。あまり一度にたくさん見ると、この鳥はちょっと気味悪い。コロニーなどでは数百羽になることもあるようなので4羽はたいした数ではないのかもしれないが。

Img_6180

Img_6166

Img_6140

2羽でシンクロ
Img_6141

| | コメント (2)

2008年5月29日 (木)

オオバン

カンムリカイツブリを撮影したのと同じ場所にいたオオバン。水面には蓮の葉っぱがかなり点在しているが、あとひと月もすると綺麗な花も見られるようになる。蓮の花と鳥。素敵な関係を想像してしまうが、実際には水面が見えないほどにびっしりと葉が生い茂るので鳥の姿を見つけるのは容易ではなくなる。だからこそ、子育てには向いているんでしょうね。

Img_6316

Img_6310

| | コメント (2)

2008年5月28日 (水)

鳥との接し方、人との接し方

D2x_2233

そろそろ私の居住地近くの神社もアオバズクの季節を迎えます。そこでちょっとした緊急告知というか、募集のお知らせをさせていただきます。
「私の居住地近くの神社」でどこの神社のことかわからない人はゴメンナサイ。これだけでどこのことだかわかる人が対象です。
上記神社のアイバズクを撮影に訪れる人がここ数年非常に増えています。市街地の中の神社で参拝に訪れる人も多く、日中には営巣木の真下で子供たちがはしゃぎ回っているような場所ですので、撮影行為自体が営巣に悪影響を及ぼす心配はあまりない場所です。
むしろ、鳥との接しかたよりも近隣住民を含む人との接しかたの方が重要な場所と考えています。境内に多数の三脚が立ち並び、通行の妨げになると近隣の居住者との間でトラブルになりかけたことも実際にあります。
そこで、自主的に撮影に際して守るべきことを掲示したポスターを作成したいと思いました。野鳥の会とかが時々やるような行き過ぎた撮影規制とかではありませんので誤解しないようにお願いします。元来私は特定のイデオロギーを振りかざした偏った常識人もどきは嫌いな方で、こういった呼びかけも私自身が率先して行なうことには抵抗感もあるのですが、野鳥とうまく接すること以前に人とうまく接することが重要である、という思いからの呼びかけです。
今朝、神社の宮司さんとお話をし、ポスターを作った場合、神社側で適当な場所に掲示していただくという快諾を得ています。
来年以降も使っていただけるように複数枚を作って神社に提供できればと考えています。
サイズはA2サイズとし、ラミネート加工、もしくは屋外耐候性大判プリントとするつもりです。予算として25000円~30000円程度を見込んでいますが、趣旨に賛同し、ご協力いただける方からお一人500円の寄付を募りたいと思います。同時にポスターに使用する当該神社で撮影したアオバズクの写真も募集します(写真は一つのポスターに3~4カットの写真を使いたいと思っています)。
協力してもよいという方は、下記リンクボタンで画像として表示される私のメールアドレス宛にメールでご連絡ください。写真はJPEGファイルでメールに添付してお送り下さい。画素数は問いませんが出力プリントすることを考慮した画素数が必要です。メールのタイトルは単純に「アオバズクの件」としてください。
なお、本日現在私が見た限りではアオバズクはまだ未到着のようですが、時期を失すると意味がないので募集は1週間程度で締め切ります。

メールアドレス表示は下記リンクから
http://homepage3.nifty.com/KIMAGURE/mail.htm

| | コメント (4)

2008年5月27日 (火)

水田のアマサギ・その2

BORG125SDによる水田のアマサギの続きを。焦点距離750mm、35ミリ換算1200mm(キャノンの40Dを使った場合)というのはアマサギのような大型の鳥を撮影するにはやや長すぎるような気がするが、手元にレデューサーがないのでこれ以上焦点距離は短くできない。田植え直後の水田でのアマサギは水面に写り込んだ姿とセットで撮りたいので鳥の大きさは実際の2倍くらいの大きさを見ておかなければならない。アマサギが近づきすぎたときはどうしても水面の写り込みまでは入らないことが多かった。縦位置構図が多くなるのは好みの問題もあるが、水面への写り込みを入れるのには縦位置の方が都合がよいという要素もある。キャノンのハチゴーロク(800mm/F5.6)ではさらに焦点距離が伸びるわけだが、天体望遠鏡とは違ってレデューサーを使って焦点距離を短くするという技も使えないことを考えると800mmという焦点距離は用途がかなり限定されるように思われる。

アマサギに限らず水田の鳥は田植え直後の今の時期が一番綺麗だと思う。毎年言っていることだが畝筋(苗の植えられた直線状の筋のこと)を綺麗に出すにはあまり苗が伸びすぎない方ががよい。撮影する方向も畝筋と平行もしくはやや斜めに構えるのが基本。畝筋と垂直方向の位置に立ってしまうと綺麗な筋が全く出なくなる。
畝筋が綺麗に見えるうちにタマシギも見つけたいのだが、なかなかそう簡単には見つけられないようだ。アマサギは図体がデカいので多少稲が伸びても見つけられるが、タマシギは稲が伸びてくると休耕田以外では見つけるのも不可能になる。

Img_5752

Img_5758

Img_5942

Img_5877

Img_5962

Img_6030

Img_6032

Img_5768

Img_5821

Img_6010

Img_5959

飛びものも少しだけ
Img_6125

Img_6208

Img_6188

まだ雨雲のかかる山をバックに飛んだところ
Img_6131

お愛想程度に白い花と赤い花をImg_6077

まだまだ一杯あるけれど、この程度でおしまいに。

| | コメント (3)

2008年5月26日 (月)

水田のアマサギ

昨日、カンムリカイツブリのポイントに到着する前に撮影したアマサギ。ざっと見渡せる範囲で約30羽くらいがいくつかの水田に分散して採餌に忙しそうにしていた。比較的警戒心の強い鳥ながら、こちらが動かずにじっと待っていると10メートル以内の距離に近づいてくることもしばしばあった。画像チェックもまだ全く済んでいないので適当にピックアップした1枚を。アマサギの撮影もBORG125SD+Canon 40Dによるが、テレコンは装着していない。35ミリ換算で1200mm相当。

Img_5907

| | コメント (2)

2008年5月25日 (日)

カンムリカイツブリ

昨日に続いてモニター使用中のBORG125SDによる撮影に出向く。脚周りまで含めると約12キロとなるこのシステムは、アップダウンのきつい山での撮影にはつらく、比較的平坦なところで撮影できる被写体を選んで撮影に臨んでいる。
今日は昨日からの雨が予想通り朝まで残っていたが、昼前にはやむであろうと目論んでカンムリカイツブリの親子を探しに行った。途中、田植えの終わったばかりの田んぼでアマサギの群れを発見したので前半はアマサギの撮影の没頭してしまった。おかげで、目当てのカンムリカイツブリを発見したときには天気はすっかり回復し、きつい逆光の難しい露出状況になってしまった。
カンムリカイツブリの親子は6月に入ってからの方が見かける頻度も増えるようだが、親の背中に乗っかる雛の姿を撮影したかったので、本日の撮影となった。あまり遅い時期だと雛が大きくなりすぎて親の背中には乗ってくれなくなる。

Img_6322

Img_6676

Img_6648

撮影はいずれもBORG125SD+1.4倍テレコン+EOS 40D。35ミリ換算で1680mm相当。

| | コメント (6)

2008年5月24日 (土)

ハヤブサ

モニター品として借受中のBORG125SD。専用1.4倍テレコンも一緒に送られてきたのだが、まだ一度も使っていなかった。製品モニターを引き受けたのだから一度くらいは使っておかないとお話にならない。というわけで、何か距離のある被写体をとハヤブサの撮影に。まあ、しかし距離があると言っても限度あり、さすがに100~200メートルも離れているとノートリミングでは被写体が非常に小さい。BORG125SDに専用1.4倍テレコンをつけ、撮った画像をさらにトリミング。テレコンを入れるとフォーカスエイドも効かなくなりフォーカッシングは自分の目だけが頼りになるが、相当な距離があっても天体鏡筒による画質は劣化が一眼専用レンズよりも遥かに少ないように感じる。

話は全く変わるが、このところ、いろいろなブログで「○○の△△」のように撮影場所と野鳥の名前を組み合わせたタイトルで写真をアップする記事をよく目にする。ブログにわざわざ撮影場所を記載する意味合いがどこにあるのだろうか。ほとんどの場合、撮影場所を記載することはその人自身にとってもマイナスになれプラスになることはない。アクセスランキングなんていうどうでもいいものが世に存在するために撮影場所を記載することでアクセス数の増加を狙っているのかも知れないが、全くナンセンスな話。一方には、ネットサーフィンで翌日行くフィールドや撮影目的の鳥を探そうとするのも悪循環に一役かっているように思われる。しっかりとした目的意識をもって何をどのような状況で撮影したいかが定まっていないためにネットサーフィンで行き先、被写体を選定してしまっているのではなかろうか。

Img_5452

Img_5519

Img_5493

最後の一枚は営巣場所の特定を避けるためにあえてピクセル等倍までトリミングしてある。
Img_5697

| | コメント (8)

2008年5月23日 (金)

飛んでます(^^♪

ハクセキレイに限らず、セキレイ類の飛びものというのは苦手な分野なんですが。この時は田植えの終わった田んぼの上でホバってました。ホバだから撮れた飛びものですね。キャノンのカメラにニコンのレンズをくっつけて。当然マニュアルフォーカスです。

Img_5407

| | コメント (2)

2008年5月22日 (木)

声はすれども・・・

新緑の青葉が生い茂る季節。野鳥の囀りが山間部にこだまするが、“声はすれども姿は見えず”の状態にいらいらすることがしばしばある。そんなときは声を録ればいいじゃん、ということでリニアPCMレコーダーを調達しました。
最近はどこの大型家電量販店に行ってもiPodをはじめとする小型携帯音楽プレーヤーが所狭しと並んでおり、人気の高さをうかがわせますが、今回の調達品は聞く方ではなく録る方に重点を置いた全くカテゴリーの違う製品。ICレコーダーなんていうのが以前からありますが、あくまでも会議などの録音用で音質はたいしたことありません。リニアPCMレコーダーは未圧縮録音ができ、一番音質のよいモードで録音すればCD以上の音質になります。

いろんな機種が各メーカーから出てますが、音楽生演奏ではなく野鳥の囀り録り用として候補にあがった機種はSONYのPMC-D50、三洋のICR-PS1000M、そしてオリンパスのLS-10の3機種。スペック的にはSONYとオリンパス、価格と軽さでは三洋ということになりますが、SONYは大きさがあまりにもデカ過ぎ。音楽プレーヤー的な使い方で電車の中でも使える機種が希望だったのでオリンパスと三洋で迷いました。三洋は100グラムを切る軽さがとても魅力。オリンパスは 96kHzのサンプリング周波数にも対応していてスペック的に三洋に勝るが値段は1万円ほど高い。しかし、よく見るとオリンパスには波形編集ソフトがおまけでついてくる。この波形編集ソフトは単体で購入すると実売価格で8000円弱する。さらに、オリンパスは別売リモコンの発売予定があるが三洋にはそれがない。大きさも三洋ほどは小さくないもののSONYのデカさに比べれば許せる範囲で三脚穴も本体についている。
ということで最終的にオリンパスのLS-10となりました。外付けマイクは買ってないですが、ビデスコ用に随分以前に買ったSONYのコンデンサマイクがあるのでしばらくはそれで様子見してみます。早起きしないと意味ないんだけどね。今朝も寝過ごしました。

写真に写っているミニミニ三脚は付属品ではありません。P5220034

電車の中で音楽プレーヤー的な使い方もできる機種を希望と書きましたが、実は私は電車の中で周りの迷惑も考えずに大きな音で音楽聞いている奴が大嫌いです。そういうのを見かけるとインナータイプのヘッドフォンのコードをはさみでプチっとちょん切ってやってニッコリ微笑みかけたくなります。特にドラムの音なんかは音漏れしやすく、とても耳障りですね。
私が電車の中で聞きたいのはいろんな鳥の囀りや地鳴きなどをランダム再生で再生させ、なんの種かを聞き分けるトレーニングをするためです。音楽と違って音漏れの心配はほとんどないと思います。

| | コメント (5)

2008年5月21日 (水)

ミユビシギ

この時期のミユビシギとトウネンは大きさの比較ができるほかの鳥が近くにいるか、二種が一緒に並んでくれるかしないと判別が難しくって悩んでしまいます。今回もさんざんに悩まされましがた、最終的にミユビシギとの判断をしました。比較対照となる大きさの鳥とは並んでくれませんでしたが、ぱっと見の大きさと、足先が水の中に沈んでいない写真のなかから後趾がないことを確認できるカットがあったのが決め手です。万一私の判断が間違っているようならご指摘いただけると幸いです。

300_5127

300_4953

300_4937

300_4946

300_4966

300_4973

300_5133

300_5212

300_5140

| | コメント (2)

2008年5月20日 (火)

今月のセッカ

ブログへのアップはしていませんでしたが、5月に入ってからもセッカは地道に撮影を続けています。今月に入ってから撮影したセッカのカットが随分とたまってきたのでまとめて何枚かを紹介します。

5月3日撮影分Img_5147

5月6日撮影分300_4255

300_4274

5月17日撮影分300_4379

300_4340

300_4397

| | コメント (0)

2008年5月19日 (月)

コアジサシ

今シーズンはまだ撮影していなかったコアジサシ。潮が引くにつれて浜辺の浅瀬でダイブする個体が増えてきました。浜では雄がとって来た獲物をもらうために雌がじっと待っています。プレゼントシーンは求愛給餌と言われますが、この時期になるとプロポーズというよりも既に雌雄ペアは確定しているようで、同じ雄個体が同じ雌個体に何度も魚を運んでいました。元気な子孫を残すために雌にしっかり栄養補給をしてもらうのが目的なのでしょう。

 

浜辺の一場面。背景に人物が入るだけで何か物語性が出てきます。
300_5184

 

雄を待つ雌
300_5028

 

300_5197

 

狩をする雄
300_5076

 

獲物を狙いすましてホバーリング300_5169

 

急降下
300_5303

 

飛翔
300_5039

 

浜からの飛び出し
300_5380

| | コメント (9)

2008年5月18日 (日)

特集・シロチドリ

シギ・チドリのマニア?にとっては珍しくもなんともないシロチドリですが。私はチドリ類の中でもシロチドリがなぜかとても好きです。識別のポイントとなる胸の首輪が途中で途切れていることとも無関係ではないような気がします。前から見たときなんとなくツンツンととんがっていない優しい“ほんわか”とした雰囲気があり、その点がお気に入りのポイントです。
ハマヒルガオとシロチドリのショットを撮りたいと思ったのはスリースーズン前のこと。しかし、実際に狙ってみるとこれがなかなか難しいのです。ハマヒルガオは浜辺の奥の方に咲くので水際の方には花は咲いていません。シロチドリは浜辺の奥の方で産卵、子育てするのでこの花と絡んでくれる可能性はほかの鳥よりは高いのですが、人が近づくと水際の方に移動し、そして大きく飛んで場所を移動してしまいます。花との絡みはなかなか根気の要る撮影になります。
因みに、昨日は朝日に輝く海の上を飛翔する鳥も撮りたくて、午前2時前に家を出ましたが、早朝は思っていた以上に曇り空で水平線を真っ赤に染める朝日は拝めませんでした。

 

300_4670

 

300_4446

 

300_4597

 

300_4581

 

300_4692

 

300_5123

 

300_4736

 

300_4608

 

300_5250

 

300_4724

 

300_5261

 

 

300_5258

 

 

| | コメント (4)

2008年5月17日 (土)

ハマヒルガオの咲く浜辺・その2

タイトルのとおり、本日は朝早くから海に出かけて浜辺に咲くハマヒルガオを撮影してきました。“その1”がないのに、なぜいきなり“その2”と思われた方は、昨年の6月2日の当ブログの記事をご覧くださいませ。

300_4412

300_5452

300_5476

シロチドリとの絡み。理想は花が1輪か2輪だったのですが、理想とは裏腹に思いっきり密集しているところへ。
300_4570

綺麗な背景ボケで1枚。
300_4504

本日は2箇所の海岸に行きましたが、どちらもゴミがあまりにも多すぎます。“ゴミは持ち帰りましょう”と言っても、もはや手遅れなくらい本当にゴミが多いです。せっかくの自然の砂浜が残った貴重な浜辺なのに残念なことです。

| | コメント (2)

2008年5月16日 (金)

アオジ

5月に入ってもまだ蕾のヤマザクラ。その枝込みの中で盛んに囀っていたアオジ。半端な枝込みではなく、本当に枝が込み合った奥の方にとまっていたので普通ならレンズを向けようとも思わない状態ですが、あえて至近距離まで寄って撮ってみました。このアオジさん、囀りに夢中だったためかどんなに近くに行っても逃げません。アオジのとまっている枝のちょうど真下まで行って上を見上げると手が届きそうです。
アオジの囀りは普段なかなか耳にすることはないですが、本当に綺麗な声で囀ります。昨年の6月末にレンゲツツジが開花し始めた頃の高原で囀っていたアオジは声もその姿もとても印象的でした。

300_3125

高原で囀るアオジ。2007年6月30日撮影。
D2x_0264_2

話は変わりますが、今朝は早起きしてどこかに撮影に行こうかと目覚ましを4時40分に合わせていました。珍しく目覚ましどおりに目を開けたら外は既に明るくなっていました。近くのフィールドにカワセミを撮りに行くとか、スーツ姿で公園散歩し、そのまま出勤とか頭をよぎったのですが、結局どこへも行かずに二度寝しました。今日早起きしたらきっと明日は起きられないと思ったためです(そんじゃぁ最初っから4時台に目覚まし合わせるなって言われそうですが)。明日は是非とも日の出前に海に到着したいと思っているので、今日は無理をしないようにとの選択でした。

| | コメント (0)

2008年5月15日 (木)

アカハラ

ミズバショウを見上げるアカハラ。この場所に何度も降りてきました。一度降りてくると30分ぐらいはここでちょろちょろしています。

300_3314

同じ場所に綺麗なリュウキンカの黄色い花が咲いていました。
300_3382

リュウキンカとミズバショウとアカハラと。かなり無理がありますね。
このアカハラは都合2時間近くも同じ場所をうろうろしていた割に、ちっともいい感じの花との位置関係に入ってくれませんでした。
300_3449

| | コメント (4)

2008年5月12日 (月)

葦原に咲く黄色い花

おそらくキショウブ。葦原の中に僅かに黄色い花を咲かせている。周りにはもっと背丈が高くなった葦がたくさんあるので、縄張り主張のためにより背丈の高い葦で鳴こうとするオオヨシキリがわざわざこの黄色い花にとまるようなことはめったとないと思うのだが。それでも毎年ちょっとは期待してしまう。

Img_5393

Img_5105

| | コメント (7)

2008年5月11日 (日)

撮影はお休み

今週末はお天気が悪いということもありますが、ゴールデンウィークの谷間に届いた新しいワークステーションのセッティングなどをやっていたため撮影はお休みです。CPUの性能が一気にアップしたこと、搭載メモリーも4GBと十分積んだことから今までいらいらしていたRAW現像ソフトも全くストレスなく動くようになりました。搭載のビデオカードの対応解像度が使っている液晶モニターの解像度(1600×1024)に対応していなかったのが誤算で、ビデオカードは別のものに入れ替えを余儀なくされました。もともと搭載していたビデオカードはNVIDIAのなかでもハードウェアアクセラレーションに対応したQuadro仕様だったので何か別のマシンで使おうと思います。1600×1024表示にも対応した上位のQuadroを調達するには最低でも7~8万の出費が必要となるのであきらめました。

写真は上記のお題とは全く関係のないキジ。オオヨシキリのフィールドにいつもいるキジですが、普段は鳴き声だけでなかなか姿を見せてくれません。5月3日の早朝にフィールドに到着したときフィールド脇の車道から姿を発見したので茂みに逃げ込まれないように慎重にアクセスし、少し遠目から撮影しました。

Img_4796

Img_4800

Img_4791

Img_4805

| | コメント (4)

2008年5月 9日 (金)

オオヨシキリのスタジオ第2幕

ゴールデンウィーク後半に蕎麦処の探鳥地に行った帰り、高速のサービスエリア等で仮眠をとりながら時間調整し、早朝5時頃に自宅から約30分のオオヨシキリのスタジオにたどり着くように帰って来ました。
フィールドに到着すると前日の雨でたっぷりと水分を含んだ敷地一面を幻想的な朝霧が覆っていました。オオヨシキリのいる葦原も朝霧が覆い、そのなかからオオヨシキリのにぎやかな鳴き声が響き渡っていました。
霧が出ていても近くの葦にとまったオオヨシキリはファインダーでもはっきりと見え、葦原の奥の方は霧で霞んで不思議な奥行き感がありました。太陽が徐々に高度を上げるにつれて葦原の表層付近の空気の温度が上昇し、一定の温度に達すると朝霧は見る見るうちにすーっと消えてゆきます。朝霧が消え始めてから全部消えるまでわずか1分ほど。広大な敷地全体を覆いつくしていた朝霧が一瞬にして消え去り、ぎらぎらとした初夏の太陽が照りつけ始めます。午前5時40数分頃には朝霧は完全に消え去りました。自然がおりなす1時間足らずの朝のドラマです。

300_3662_2

300_3578

朝霧の中の飛翔
300_3689

霧が消え去ってからは飛翔を中心に
300_3944

300_4136

飛びつき
300_4000

| | コメント (2)

2008年5月 8日 (木)

キビタキ

鳥の出がやや低調だった蕎麦処。そんななか、只今縄張り争いの真っ最中のキビタキだけは動きが活発で何度もその姿を見た。

300_2730

300_2728

300_3036

300_2963

300_2915

因みに1枚目と2枚目は蕎麦処に行く前に訪れた別のフィールド。蕎麦処に比べて標高がやや低いので新緑の進み具合も随分と違っています。

| | コメント (2)

2008年5月 7日 (水)

キバシリ

木の幹を走るようにすばやく移動するので“キバシリ”。名前のとおりすばしっこい鳥で、撮影はゴジュウカラ以上に難しい。木の色と同化してしまいがちだが真横から撮れたときはお腹の白さがひときわ目立つ。時として図鑑的に大きくとることも必要ということで、大きく鮮明なカットを1枚。

300_2795

| | コメント (6)

2008年5月 6日 (火)

クロジ

ゴールデンウィーク後半。どこというしっかりとした計画もなく、とりあえず東へと車を走らせました。早朝に到着した場所には観光バスに乗ってやってきた人がわんさかと。おかげでかどうだかわかりませんが、コルリの声がよく聞こえるものの姿は全く見えず。早々に切り上げてさらに北上すること約1時間半。予定外に蕎麦処の某有名探鳥地までたどり着いてしまいました。こちらも人がわんさか。鳥の出はやや低調。そんな中、囀るクロジを撮影できたのが大きな収穫でした。1年に1回も聞くことがないクロジの囀り。来年また行く機会があっても、その時にはどんな囀り方だったかすっかり忘れていることでしょう。

300_3022

| | コメント (4)

2008年5月 3日 (土)

オオヨシキリのスタジオ・オープン

前回行ったときからきっちり10日後。毎年恒例オオヨシキリの撮影へ。タイトルにもあるとおり、ここは正にオオヨシキリのスタジオ。オオヨシキリを撮影するのにこれほど最適なロケーションはなかなかない。早朝限定で行ったけれど、若干今日はお天気が良すぎた。
撮影は全てBORG125SD+CANON 40D。因みにCANONのゴーヨンゴーは売却しました。

Img_5386

Img_5106

Img_5100

Img_5271

| | コメント (10)

2008年5月 2日 (金)

オオカメノキにメジロ

標高900メートルの高地で白い花を咲かせた木にメジロが2羽やってきました。恥ずかしながら何という名前の木かもわからずに撮影しましたが、帰宅後に知人を通じて“オオカメノキ”の木であることをお教えいただきました。梅や桜の花に来るメジロとは違い、この木にやってくるメジロは花の蜜を吸いに来ているのではないようです。木の名前の由来でもある葉っぱ(葉が亀の形に似ているのでオオカメノキというらしい)の裏側をしきりにつついていました。

300_1329

300_1363

| | コメント (0)

2008年5月 1日 (木)

ミソサザイ

囀り最高! この鳥も何度撮ってもまた撮りたくなる魅力ある鳥のひとつ。

300_1497

300_1474

300_1492

| | コメント (3)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »