« 朝のセッカ | トップページ | コマドリ »

2008年4月23日 (水)

オオヨシキリ

初物です。オオヨシキリの声を聞いたという人がぽつぽつと出てきていますが、オオルリ、キビタキなどビッグスター達が都市公園を通過するこの時期に、わざわざ出てきたばかりのオオヨシキリを撮りに行くのは私ぐらいでしょうか。声は約2週間ほど前に既に聞いています。今年生えた新緑の葦の背丈はまだまだ低く、オオヨシキリがとまるのは昨年からある背の高い枯れた葦ばかり。10日は早いとわかった上で行ってるのですが、思ったとおり10日早いです。

この時期としては上出来。ゴーヨン+1.4倍テレコンで背丈の高い古い葦を目線レベルで見渡せる少し丘になった場所から撮影。
300_1112

|

« 朝のセッカ | トップページ | コマドリ »

コメント

こんにちは
他の鳥さんとは違って、穂先をしっかりつかまっていますね。
茎に止まっている姿が他の鳥さんには多かったので新鮮です。大きな口よりも力が入っているの?と思えるような足の方が印象深いです。

投稿: でつ | 2008年4月24日 (木) 16時43分

でつさん、こんばんは。
オオヨシキリは一生懸命鳴いて、できるだけ広い縄張りを確保しなければならないので必死のようです。
この場所にはまだ2羽ぐらいしか到着していなかったようですが、人を警戒しつつもじりじりと枯れた葦の一番先端までよじ登ってきます。このエリアは俺の縄張り~としきりにアピールしているのでしょう。
本文にも書きましたが、あと10日もするとこの付近はオオヨシキリの撮影には恰好のスタジオと化します。今年生えた新しい新緑の葦が1メートル弱くらいのちょうど頃合いのよい背丈になりとても綺麗な緑の背景グラデーションで撮影できます。葦の緑の中にほんの僅かに咲くカキツバタやキショウブにとまってくれないかと毎年通っているんですが、今年はどうなりますことやら。 

投稿: 探険隊隊長 | 2008年4月24日 (木) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝のセッカ | トップページ | コマドリ »