« アマサギ | トップページ | ミソサザイ »

2008年4月30日 (水)

ケリの赤ん坊

昨日の朝は生まれたばかりのケリの雛を撮影していました。どちらの田圃も雛が生まれているのでしょう。どこへ行っても親鳥の鳴き声がすごかったです。私の撮影した場所は水路を挟んだ道路から見える草地で、水路があるためにこちらに来れないと安心しているせいか水路脇すぐ近くまで雛がひょこひょこと歩いてきてくれます。親鳥は同じ草地で雛をずっと見守っています。カラスが飛んだり水路の向こう側の田圃に人が近づくとけたたましい声で威嚇飛行を始めます。私は水路越しからそっと見ていたので1度も威嚇されませんでした。私のいたアスファルト道路よりもケリのいた草地の方が低かったので角度がついて背景はあまり綺麗にはボケず、写真としてはいま一つです。

D2x_5816

D2x_5685

じっと見守る親の近くをひょこひょこと
D2x_5723

|

« アマサギ | トップページ | ミソサザイ »

コメント

こんばんは
赤ちゃん、ちっちゃ!
か弱いですね。。。
鳥の親って人間よりもずっと偉いと常々思います(^^;

投稿: でつ | 2008年4月30日 (水) 20時48分

かわいい^^
バックのちいさな花と赤ちゃんがぴったりですね。

投稿: hiro | 2008年5月 1日 (木) 08時21分

でつさん、おはようございます。
野鳥の子育てって全く打算がないというか、本当に手放しで献身的ですよね。ケリの親鳥を見ていると特にそう思います。猛禽だろうとなんだろうと雛に危険が迫ると一目散に飛んでいって果敢に攻撃をしかけます。

投稿: 探検隊隊長 | 2008年5月 1日 (木) 08時51分

hiroさん、おはようございます。
ケリは今子育て真っ最中。ケリがいるところどこでも雛がいるはずです。雛はまだ飛べませんが田圃3枚分くらいの広さは平気ですぐに移動しますので最初は見つけるのが大変ですが丹念に探せば必ず見つかります。その小ささは可愛さ爆発ですが小さいなりに既にケリの風貌が出ているから不思議です。

投稿: 探検隊隊長 | 2008年5月 1日 (木) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アマサギ | トップページ | ミソサザイ »