« 北海道のオオハクチョウ | トップページ | カワアイサ&ウミアイサ »

2008年3月12日 (水)

ホオジロガモ

北遠征の写真。だらだらと現像を進めてきましたが、ようやく一段落。写真のアップもあと少しで終わりです。
今回、メモリーは緊急用のマイクロドライブも含め50ギガバイト分を持って行きました。流氷船のオオワシ&オジロワシなどではあっという間に10数ギガバイトを消費してしまうので50ギガバイトでは少ないじゃないとか思われるかもしれませんね。メモリーも以前に比べると随分とお安くなっていますが、今回は数枚のメモリーを買い足し、あとは容量40ギガバイトのフォトストレージを持参しました。これに撮影済みの画像のバックアップをとり、バックアップ済みのメモリーを初期化してまた使うというやり方です。これなら80ギガバイト撮ろうがメモリー不足になることはありません。実際にはタンチョウの撮影を半日ほどしかやらなかったことや、札幌での撮影時間が予定よりも大幅に短くなったこともあり、消費メモリーは50ギガバイト弱にとどまっています。
フォトストレージを持っていったのにはちょっとした理由があります。実は私の使っているキャノンの40Dで時々、メモリー容量がまだまだ残っているのに“コンパクトフラッシュが一杯です”という内容のエラー表示が出る事がしばしばあります。一度こうなると他のメモリーカードに変えても1ギガバイト分も撮影しない間に同じようなエラーが出ます。カードの中には撮影済みの画像が入っているので、一旦画像をどこかに退避しないと初期化もできません。これを繰り返していると50ギガバイト分のメモリーを持参しても10ギガバイト分しか撮れないことも状況によっては考えられます。もしこのようなエラーが出た場合、撮影済み画像をフォトストレージにバックアップし、メモリーカードを初期化してしまえば、エラーは出なくなります。上記のエラーは安物のメモリーカードだけではなく、信頼性の高いメーカーのメモリーカードでも出るので、カードの問題ではどうもなさそうです。
いわば、トラブルに備えた保険の意味でフォトストレージを持参することにしたわけですが、ビュアーとしての表示が速い最新のものだと40ギガバイトの容量でも結構お高く、5万円近くします。メモリー自体の価格の安さからするとメモリーをたくさん買った方がとも思いますが、思い切ってフォトストレージを購入したのは、内蔵のハードディスクを大容量のものに換装できることを購入前に事前確認できたためでした。ハードディスクが換装できるなら、容量120ギガバイト程度のディスクに換装すればフォトストレージもかなりコストパーフォーマンスが上がります(インターフェイスがいわゆるビッグドライブには対応していないため、250ギガバイトなどの大容量ハードディスクに換装しても130ギガバイト付近までしか認識しません)。遠征前にディスク換装なんてリスキーなことはしていませんが、換装はこれから試みてみようと思っています。
メモリーの話を書いたついでに、今回持参した撮影機材についてもちょっとだけ。レンズは重いのを覚悟の上で、500mm/F4.5、300mm/F2.8、70-200mm/F2.8の3本をメインに、単焦点のワイドレンズ2本(24mm&16mm)を持参しました。カメラの方はデジタル一眼3台です。かなりの機材分量になります。バッテリーチャージャーもバッテリーを同時に2個充電できるものをニコン用、キャノン用それぞれ持参しているので荷物だけでかなりの重さでした。

さてさて、写真の方は移動途中の2箇所で撮影したホオジロガモです。昨年に比べるとかなり近くから撮影できましたが、近くてもなかなかホオジロガモの顔の色が出てくれません。雄の特徴の頬の白が目立ちますが、頬の周りの顔の部分は黒に見えて本当は濃い緑色をしています。でも写真は全部白黒になってしまいました。まだまだ修行が足りませんね。

Img_2695

Img_2731

Img_2741

Img_2814

Img_2839

Img_2840

Img_2699

Img_2819

Img_2824

Img_2826

Img_2879

1~3枚目と7枚目はオオハクチョウと同じ場所で夕暮れ近くに撮ったもの。その他は羅臼から移動途中の漁港で昼間に撮影。かなり色温度が違います。

|

« 北海道のオオハクチョウ | トップページ | カワアイサ&ウミアイサ »

コメント

隊長さん
いつもありがとうございます。
楽しみに観ております。
7、8枚目の2羽でいるのは雌雄ですか?
また、今回は機材情報をありがとうございました。
私にとってはとても参考になります。ありがとうございました。
ところで、単焦点ワイドレンズでの作品もあるのでしょうか。

投稿: ejisan | 2008年3月12日 (水) 17時14分

ejisanさん、こんばんは。
今回も投稿者名欄が空白になっていましたよ。投稿者のIPアドレスからejisanからの投稿と分かったので管理画面でお名前を補充しておきました。コメント投稿時にはお名前の入力をお忘れなきようお願いしますね。
7枚目、8枚目の写真はホオジロガモの雌雄ペアです。訪れた2カ所では圧倒的に雄個体の方が多く、雌雄が並んでくれるシーンにはあまり出くわしませんでした。
単焦点のワイドレンズですが、持参したのはよいのですが、ワイドレンズが活躍するお天気には遠征中一度もめぐり会えませんでした。スカッと晴れの日があればよかったのですが。最終日は比較的お天気はよかったですが、なにせ札幌近郊ですのでワイドレンズの活躍の場面ではありません。船上からコンデジのワイド端で撮った風景ならありましたが。

投稿: 探険隊隊長 | 2008年3月12日 (水) 19時24分

隊長さん
投稿者名欄の空白、失礼致しました。以後気をつけます。確か前にも一度?、あったような・・・、すみません。
隊長さんの一語一語がとても参考になります。
話は少し変わりますが、私にとってはズームレンズが便利ですので、そちらを使う方が多いのですが、隊長さんは単焦点レンズが多いんですね。これはやはり画質へのこだわりのようなものなんでしょうね。

投稿: ejisan | 2008年3月12日 (水) 21時55分

あはは。ご自身ではお気づきではなかったかも知れませんが、ejisanさんの名前を管理画面から補充させていただいたことは過去に4回ほどございます。
ズームレンズは確かに便利ですよね。私がワイド側で単焦点を持参するのは画質云々よりワイド端10数ミリから始まる開放F値の明るいズームレンズを持っていないためです。17-55mm/F2.8など、とてもよいレンズがいろいろありますが、とてもお高い。鳥撮用の望遠で精一杯でそこまでなかなかお金が回りません。今回持って行った16mmなんかも水中撮影をやっていた頃に使っていたマニュアルフォーカスの16mmフィッシュアイなんですよ。

投稿: 探検隊隊長 | 2008年3月12日 (水) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北海道のオオハクチョウ | トップページ | カワアイサ&ウミアイサ »