« ナベヅル | トップページ | 白い雪・青い鳥 »

2008年2月 4日 (月)

続ナベヅル

土曜日に撮影してきたナベヅルの続きを。早朝のまだ月が夜空にでている時間から現地で待機し、昼過ぎまで撮影していました。あいにくの曇り空で飛翔写真は空を入れると画像が破綻します。晴天時に是非もう一度行ってみたいです。

川の中州で
Img_1937

田圃で採餌中
Img_1528

Img_1526

Img_1587

飛翔・全部で14羽
Img_1627

Img_1561

Img_1534

Img_1604

|

« ナベヅル | トップページ | 白い雪・青い鳥 »

コメント

こんばんは
ここにも親分が。。。(^^;
やっぱり飛んでる姿は一層かっこいい!
鶴も首が長いんですね

投稿: でつ | 2008年2月 4日 (月) 22時46分

でつさん、こんばんは。
ツルの飛翔はどれもかっこいいです。この鳥も真っ青な空を飛んでくれるとよりコントラストがはっきりしてもっと綺麗なのですが、この日はあいにくの曇り空。タンチョウのような鳥と違って体の白い部分が少ないので山バックになると山の色と同化し、コントラストを出すのがとっても難しかったです。
この群れはひと家族ではないですが一種のファミリーみたいなもんだと思います。1枚目の写真で首のあたりが白ではなく茶色っぽい個体がわかりますか。茶色っぽい子達は幼鳥です。
で、5枚目の写真をよく見ると。頭の茶色っぽい個体が先頭きって飛んでます。というわけで、親分が必ずしも先頭を飛ぶわけではないようです。

投稿: 探検隊隊長 | 2008年2月 4日 (月) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナベヅル | トップページ | 白い雪・青い鳥 »